切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

重ね切り絵ーアリスのウサギ

「病よくなられ老僧草むしり」(上野泰)

道行く途中、いつも綺麗に手入れされている玄関先のプランターが雑草だらけになっていたりすると、御加減が悪いのかしらとお会いした事もない主の事が気にかかったりすることがあります。私は、五日間も我が家を留守にしたものですが、隣の義妹に水遣りをお願いしたものですから、気丈夫に草花は枯れることなく勢いを増していました。可愛がったお陰なのでしょうか、律儀にも月下美人が帰宅に合わせたかのように花を咲かせてくれました。一夜の芳香を満天に漂わせて主を喜ばせるなんて感謝感謝の夜でした。

f:id:masasarah:20170628203728j:plain

「草引くは無限の業の草を引く」(相馬遷子)

他の植え付けた野菜達の方は野放図に暴れまわりもはや庭はジャングル状態です。西瓜とハネジューメロンとカボチャがあらゆる枝を頼りに登りつめています。さてもさても、実がつくやら、ただの雑草でしょうかしら。

f:id:masasarah:20170628204827j:plain

“Patience ! Avec le temps, l'herbe devient du lait.”

 

 

重ね切り絵ースナフキンと蝶と虫

「ことわられた青楓の大きな日かげ」(種田山頭火

f:id:masasarah:20170627083719j:plain

昨日は、高幡不動の紫陽花が見事だと聞き行って参りました。山内八十八か所地蔵巡りを何とか達成して来ましたが、五重塔を上から眺める機会にも恵まれ, またいつか題材に出来たらと思います。

「若楓や時に間のある戦かな」(成田蒼虬

昨夜のテレビを流れたテロップにはたくさんの方が歓喜されたのでしょうか。藤井聡太氏ついに新記録を打ち出されたのですね。彼の頭の中には凄まじいデータが埋蔵され、それが小気味良くアウトプットされるのでしょうか。今後もこの姿勢のまま、奮闘下さるように。

 

f:id:masasarah:20170627085356j:plainこの蝶の中に花柄模様が組み込まれているのは「io」のスカーフ模様から取り込みました。そこにスナフキンの切り絵を重ねてみました。裏側には透かし和紙を入れてみました。

Le fruit de l'érable, appelé samare, est jumelé en disamare, en forme d'hélice. La graine peut ainsi, grâce au vent, être transportée sur des distances considérables. Elle parvient à maturité sur l'arbre de quelques semaines à six mois selon l'espèce et est dispersée peu de temps après. La plupart des espèces ont besoin de la stratification pour germer. La graine peut rester dormante plusieurs années avant de germer.

 

重ね切り絵ー金魚と鳥と蝶

「きりきりと結ひて茅の輪の端そよぐ」(石田勝彦)

f:id:masasarah:20170628105624j:plain

渋谷の金王神社を通りましたら茅の輪がセットされてました。大祓いは6月30日のようでした。

「うす闇をまとひて雨の茅の輪かな」(星野麥丘人)

昨日は小雨が降り出し樹木も漸く梅雨らしい風情でした。どこをどう散策したのか一日歩き歩数も一万歩を越えヘトヘトの一日でした。日頃二桁歩数の私としては、少しハードが続く日々。手も休まってしまっています。

f:id:masasarah:20170626091333j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

重ね切り絵ー魚と鳥と木

「森に出で黒き妖精夏の蝶」(石川寿賀子)

f:id:masasarah:20170625082859j:plain

行き交う人が皆足を留めて見入って居られるお相手は何かしらと想えば、それはそれは小さな宝石色でした。調べましたらムラサキシジミ蝶というようです。二羽とも撮ろうとしたら一羽どこに消えたらと思えば、この蝶は羽を閉じるとこの横の竹と同色。開くと樹木の中に後光が射すようで、小さきながら、防御と誇示の使い分けに脱帽。

揚羽蝶木の間の何にふためきし」(山口誓子

 

南桂子さんの作品の中から木の幹に鳥や魚に舟まで散らした不思議な作品をアレンジして切り絵にして重ねてみました。

f:id:masasarah:20170625085833j:plain

Les Lycaenidae (lycénidés en français) forment une famille de lépidoptères de la super-famille des Papilionoidea, regroupant environ 5 200 espèces dans le monde, dont une centaine en Europe.

Leurs imagos sont d'assez petite taille et présentent généralement un dimorphisme sexuel.

 

重ね切り絵ー陰影を楽しむ

f:id:masasarah:20170624083150j:plain

「河骨の葉と葉と花とさし交す」(飯島晴子)

河骨と言えば、うちの近所の大地主の邸宅の立派なご門の前の御堀に植えてあったのがこの植物です。わざわざ『河骨』と札が立っていたので覚えてしまったのですが、大きな門構えの深い杜のような影の中でその名札からどうしても、この堀の中には人骨が埋まっているかのように思えてならず、そこが経営する門前の幼稚園児はそこを通る度にどんな事を連想していたのでしょうね。ここ明治神宮の杜の河骨は明るいです。

「河骨の足もとに咲き沖に咲き」(山口青邨

「河骨やしんと日傘を通す日に」(中村汀女

花は黄色ですが、中々葉に覆われ姿が見得ぬ花です。清楚、奥ゆかしいと言えば、昨日は車中では、どこからともなく「あかんかったねえ」「若いのにねえ」などと、皆の悲しむ声がしてきましたが、帰路に付きニュースで知った次第です。どんなに多くの方が励まされたのか、笑顔がいつまでも心の中に残る人というのは出来るようで大変な事だったでしょうが、今度こそ心置きなくお休み下さいませ。素晴らしい笑顔をありがとうございました。

 

団扇も終えて、少し在庫整理というか、これまでの切って貯め置きしたのを作品に仕上げていこうと思っています。作品を撮るのに、苦労するのは天気です。晴れの日にアップすると、陰影が出来るのですが、雨の日は苦労です。いい工夫をまたどこかで習熟したいものです。

f:id:masasarah:20170624083854j:plain

En suite aux révélations d'un tabloïd, son mari tient une conférence de presse pour annoncer qu'elle est touchée par un cancer du sein, diagnostiqué depuis octobre 2014 et tenu secret jusqu'à ce moment. Le cancer est devenu métastatique et touche ses os et ses poumons2.

Elle commence à tenir un blog, intitulé kokoro [archive], pour parler de sa maladie et de comment elle la gère, qui devient rapidement extrêmement populaire. Le succès de celui-ci incite la BBC à l'inclure dans sa liste BBC 100 Women 2016 [archive]1345.

Le , elle meurt des suites de sa maladie, un mois avant son 35e anniversaire1.

団扇の試み-第四弾瓢箪

「松の葉のしげみにあかくい入 日さし松かさに似て山雀の啼く」(若山牧水

f:id:masasarah:20170623063338j:plain

昨日明治神宮の花菖蒲がまだ見頃だと訪れ、清正の井戸の警備員さんに留まる山雀を撮ってみました。「やまがらです」と説明して下さいました。

「山雀の輪抜しながら渡りけり」(小林一茶

山の雀と書いて、やまがら。鳥名の由来辞典」(柏書房)、「鳥の名前」(東京書籍)では、「小さい鳥一般の呼称」ではないかとされていますが、「名語記」によれば、ヤマガラのヤマは山に住むことから、また「ガラ」とは、軽々しく動くことが転じて「カラ」、さらにそれが語尾として濁音化し、「ガラ」と名付けられたと説明されているそうです。正に、小粒の鳥ですね。このヤマガラの存在感を宮沢賢治が説明すると、「風の又三郎」の中から。
『たったいままで教室にゐたあの変な子が影もかたちもないのです。みんなもまるでせっかく友達になった子うまが遠くへやられたやう、せっかく捕った山雀に遁(に)げられたやうに思いました』

 

f:id:masasarah:20170623075539j:plain

漸く、団扇の試みも完了です。新し事好きの私としては、やっと心弾めますが、これでは進歩は難しいのでしょうね...

 Les oiseaux se prennent par les pattes, les hommes par la langue.

団扇の試み-第四弾杜若

 

「ザクロ咲く個々の思ひ個々のまま」鷹羽狩行

f:id:masasarah:20170622062052j:plain

まるで金魚が木の中を遊泳しているかに見える花。其々がさてどんな思いでいるのでしょうね〜

「花ザクロ生きるヒントの二つ三つ」森慎一

イデアなど早々浮かばぬ私でも一つや二つは頭をよぎるでしょうが、昨夜の勝利の一手解説など聞いていると凄いですね。桂馬一つで十手先迄見据えているのですね。藤井棋士28連勝快挙には何処の呑み屋も祝杯を挙げたのでしょうか。昔弟相手に飛車に角取りしか考えてなかったヘボ将棋のセコイ下心では考え及ばぬ脳構造です。おめでとう🎉今後も謙虚に奮闘下さい。

周囲脳着物柄はマーミイド紙なので二枚重ねて切るのがやっとです。真ん中の図柄も花だけ色付けして背景は無地にして重ね貼りました。

f:id:masasarah:20170622061022j:plain