切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

クリスマスカード総集編

「おでん煮えさまざまな顔通りけり」(波多野爽波)

f:id:masasarah:20181212191814j:plain

12月12日は「いい(1)じ〈2〉いち(1)じ(2)」(いい字一字)

の語呂合わせで今日は漢字の日。今年を表現する漢字は「災」だそうです。そうなのかもしれませんが、清水の舞台に大きく書き出されると、それ以上の天変地異を呼び込んでいるように思うのは、私のような「不幸の予習人間」だけでしょうか。二位は「平」三位は「終」四位「風」五位「変」六位「暑」...さまざまに、思い返せば、やはり地球温暖化による異常気象にアクセルがかかるばかりの21世紀。加えて、テロ。今夕にフランスの乱射記事が掲載されていました。人為的「災い」からも回避できない世を、神様が自然で鞭うたれるおつもりでしょうか。

「しずかによしこのおひとおでんかな」(加藤郁乎)

『スカートを履いた羽生結弦!』とロシアメディアの紀平梨花ちゃん評だそうですが、もはや、ロシアには4回転を出来た女の子が二人居られるのだとか。可愛いウサギのぬいぐるみを抱かれての帰国。息長いご活躍を祈っています。

「永らへば善き日悪しき日おでん酒」(水原春郎

刑事ドラマには必須のアイテムのコップ酒におでんと思っていますが、こんな屋台はどこを捜してもないのだとか。まさか、コンビニのイートインがその代用にはならないのでしょうが、おでんと言えばコンビニというのが今風?外食が苦手な私は、ほとんど家の味しか知らず、変わり種と言えば、鯨のころ。久しくお目にかかっていないですがこれを見ると、母を思い出します。関西だけなのでしょうか。それに対して関東特有は「竹輪麩」。良きも悪しきもになりがちですが、ここは好き嫌い、寛容なおでん鍋で、温まり、免疫力アップといきたいですね。

f:id:masasarah:20181212193712j:plain

 

今年のクリスマスグリーティングカードオンパレードです。どこにお嫁入したのか、手元には一枚も残っていません。レーザーカットデザインから取り入れました。

Les origines de l'oden remontent à un autre mets plus ancien : le dengaku, constitué de brochettes de tofu, de konnyaku, gelée très résistante à base de konjac, et de divers autres aliments bouillis puis enduits de pâte de soja fermentée (miso). Le plat tel qu’on le consomme actuellement au Japon a fait son apparition au cours de l’ère Meiji (1868-1912)1.

En plus de se déguster au restaurant ou après l’avoir préparé chez soi, l'oden peut également être acheté à emporter sur un yatai (stand ambulant) ou dans un konbini(supérette). C’est la chaîne 7-Eleven qui a commencé à en vendre en 1979 et depuis, les autres chaînes ont suivi1.

 

クリスマスミニレター⑧

「仰ぎ見る皇帝ダリアをいふ高さ」(今井春生)

f:id:masasarah:20181211162325j:plain

ご近所の建て替え工事で路地が塞がり裏道を久しぶりに通ってみましたら、毎年のことながら、裏手のお屋敷の打ちっぱなしでも出来そうな庭に、今年も見事に皇帝ダリアが聳えていました。

「皇帝ダリア無償に深き冬の天」(西山美枝子)

今日は百円硬貨が発行された日なのだそうです。それまでは、板垣退助肖像の百円札。思えば、財布の札入れには当たり前に馴染みだった札でした。それから五百円玉が出来て、岩倉具視五百円札も消えてなくなりました。NHKの大河ドラマでは鶴瓶さんが演じておられ、そのイメージがどうもこびりついてしまいましたが、昨日の「鶴瓶の家族に乾杯」によりますと、加山雄三さんの曾祖父になられるのだそうですね \^ . ^/

昨夜の舞台は小川町。手すき和紙の里ですが、その上質の和紙に加山さんが筆を振るっておられました。私も、先日手すき和紙を頂きましたが、中々手を出す勇気がわきません。まるで皇帝ダリアのように見下ろされているようで、恐れ多くも切るなど、よほどのアイデアが浮かぶまではっと。そうやっていると何年もお蔵入りになりそうです。思い切って、灯の笠にでもしようかなっと図案模索中です。乞うご期待を。

f:id:masasarah:20181211165847j:plain

Le dahlia impérial (Dahlia imperialis) est une espèce de dahlia arborescent (section pseudodendron) originaire d'Amérique centrale (MexiqueColombieGuatemala).

Le dahlia impérial est une espèce à floraison automnale pouvant mesurer 8 à 10 mètres de haut dans sa région d'origine (2 à 4 m ailleurs).

Synonymes 
Dahlia arborea, dahlia arborescent, dahlia en arbre, dahlia de Lehmann, dahlia bambou, dahlia géant, Georgine

クリスマスカード―ミニレター⑦

「寒き日にきつとがましや枇杷の花」(久保田晴朗)

f:id:masasarah:20181210115736j:plain

よくよく冷える昨日、今日です。昨日の新聞にゴーン氏拘留の部屋が掲載されていました。三畳の間は座す人のイメージ次第でしょうか、まるでスティーブ・ジョブズ氏のミニマリストに徹したシンプル部屋に見えるというのも、私の色眼鏡の所為でしょうか。暖房はないのだとか。最近目にしなくなりましたが森友学園前理事長籠池夫妻ですが、自らの体験から、ユニクロのフリースを差し入れされたのだとか。夫妻が拘留されておられたのは真夏だったかと思うのですが,何やらこのように騒ぐ事自体に策があるのでしょうか。

「声のなき言葉湧きつき枇杷の花」(加藤知世子)

今日12月10日は早いもので「三億円事件」から半世紀なのだそうですね。ドラマ化もされ、犯人像もモニター写真からはかけ離れ、事件すらを知らない人も多くなりました。「実行したのは私です」というのが、小説投稿サイトに掲載されたのだそうですが、半世紀、三億という金銭価値もゴーン氏の報酬虚偽の額とはまさに一桁違い。同じく、有価証券取虚偽で逮捕された堀江氏が、ユニクロ差し入れの主かと思いましたが、彼の今回のゴーン氏拘留に対する検察批判はなかなか興味深いものがありますね。

「他人事を空に放って枇杷の花」(天野素子)

「何処までを幸とや言はむ枇杷の花)(檜紀代)

f:id:masasarah:20181210120141j:plain

En janvier 2006, il fait l'objet d'une enquête à la suite d'une manipulation boursière qui impliquerait l'entreprise qu'il a fondé, Livedoor. Cette enquête a incité plusieurs petits actionnaires de Livedoor à vendre le titre immédiatement, ce qui a causé une panne importante de la bourse de Tokyo1. Il est incarcéré le 23 janvier et, le lendemain, annonce sa démission de PDG de Livedoor. En avril 2006, il est libéré sous caution.

Son procès débute le 4 septembre 2006 devant le tribunal de Tokyo. Dès la première journée, Horie clame son innocence : « Je n'ai jamais commis de tels actes et ne les ai pas non plus ordonnés. Je déplore ma mise en accusation ». Vingt-six audiences sont prévues sur une période de trois mois, jusqu'au 28 novembre. Le verdict est attendu en février 2007. Horie risque cinq ans de prison et une amende de cinq millions de yens (35.000 euros). Le 15 décembre 2006, il décrit au FT le Japon, les bureaucrates, et les médias "contrôleur de la pensée" d'avoir provoqué sa chute2. Il à ensuite passé près de deux ans en prison pour fraude comptable.

Dans les années 2010, il fonde Interstellar Technology, une société voulant envoyer un mini-lanceur dans l’espace

クリスマスミニレター⑥

粕汁にあたたまりゆく命あり」(石川桂郎

f:id:masasarah:20181209130157j:plain

急に冷えてきました。初雪の知らせも関西圏でも聞こえてきます。我が家の粕汁と豚汁です。この豚汁の読み方ですが、「とんじる」と読む人はおおよそ70%なんだとか。関東では俄然「とんじる」関西の私としては、「ぶたじる」でないと、お汁様に品位が保てませんとは言いすぎでしょうか。

当然上にかけるのは「粉山椒」これも、いろいろあるのだそうですね。「柚子胡椒」「黒七味」「七味唐辛子」。うちでは、今のお気に入りメーカーは八幡屋磯五郎。東京に出向くと長野のアンテナショップで買い求めでいます。黒七味と言えば、京都の原了郭でしょうか。薬味は料理をグレードアップさせる大事な要素であり、名称には風格がその良さを引き出させますね。

粕汁やもやもやもやがてのみます」(こしのゆみこ)

山手線の新駅名称『高輪ゲートウエイ』にはネット炎上しかねないほどの評判の良し悪しが話題を呼んでいますが、略称の極みは「高輪なんちゃら」でしょうか。公募を募ったはずが、人気投票では130位のが選ばれたそうですが、厚生省の「人生会議」の方がちょっと心くすぐる名称となるでしょうか。🎵人生いろいろ🎵うちも、こんな会議が必要になってくる日も近いのでしょうが、目先の師走の残数が課題では、そんな会議はいつのことやら。

f:id:masasarah:20181209132900j:plain

“Le nom de Dieu a trop servi.”

クリスマスミニレター⑤

「開戦シーンポップコーンの香りが流れ」(高澤良一)

最近の映画は、ポップコーン片手では、見られなくなっているのだそうですね。

きっかけは、「アナと雪の女王」で皆が🎵Let it go🎵を合唱した時からだとか。そうして、「ボヘミアン・ラプソディー」。クイーン世代と言えば、デビューが1973年なので、60代から70代となるはずが、この映画の人気は止まらないのだとか。そうして映画鑑賞のルールを超えて皆がstanding ovationとか。こういうのを「応援上映」というのだそうです。さて、70代以上の方々には、思い起こされれば今から77年前の今日、こぞってstanding ovation した日だったのでしょうか。

「開戦の日ではなくジョンレノンの命日と紹介される12月8日」(小野雅子)

きな臭い話が随所で聞かれ、「保護主義」「自国第一主義」など唱えるリーダーの姿に、気づいたら手を叩き応援している我が身に気付いていないことのないように祈りたいものです。

「たくましき棘つつましき冬薔薇(そうび)」(河野美奇)

f:id:masasarah:20181208123635j:plain

「良き言葉聴きし如くに冬薔薇」(後藤夜半)

あちこちでカーテンの干し物を見かけたり、窓拭きする姿に出くわします。そろそろ、年末掃除のスケジュール表を作らねばと思いつつ、この調子では、最終週にまとまりそうですが、さて体力が持つやら,,,兎に角話題作映画には行けそうにありません、幸いにも。

f:id:masasarah:20181208141328j:plain

Bohemian Rhapsody est un film biographique britannico-américain coproduit et réalisé par Bryan Singer1, sorti en 2018. Il s’agit du portrait du chanteur de rockbritannique Freddie Mercury et de son groupe Queen2. Il revient ainsi sur le parcours du groupe, de sa formation, jusqu'à son apparition au concert Live Aid en 1985. Peu après sa sortie, le film devient le biopic musical le plus rentable de l'histoire au box-office mondial.

 

クリスマスカード―ミニレター④

「八手咲くうそ暖かくうそ寒く」(相生垣瓜人)

f:id:masasarah:20181207105206j:plain

「どの路地のどこ曲がっても花八つ手」(菖蒲あや)

 どこでも見かける八つ手。でもこの花がいつ咲いているのか、気に留めたこともないのかもしれません。ふと、目に留まった花々。初冬の季語だそうです。そんな、当たり前の風景に足を止めることない庭に同化した草木ですが、私達の手元にいつも当たり前に肌身離さず存在すらが同化してしまったいる人も多いはずのスマホ

 それが、昨日ソフトバンクが通信障害を起こしてしまったそうで、二進も三進(にっちもさっち)もいかない絶体絶命の状態に陥った人ご苦労様でした。私は在宅でwifi通話可能で何ら問題はなかったのですが、昨夜のテレビニュース映像を見て、問題の重大事さに絶句です。

 確かに、飛行機の搭乗も、コンサートの入場も紙のチケットでなく、スマホを翳して入る人をよく見かけます。使い慣れていない私には事の詳細は分かりませんが、修学旅行中の生徒さん、出先から業務連絡に、宅急便屋さんの集配情報などなど、想像しただけで背筋が凍り付きそうです。土台、今では連絡先の番号は携帯番号ばかりで市外局番から始まる固定電話の番号など控えている人は一体どれだけ居るでしょうね。

 これを機会に、危機管理の徹底としてやらねばならないこと痛感したひとも多いでしょうが、私には、余り危機感ない出来事でした。ただ、そんな私でも、スマホは枕元にまで抱え込んでいます。実は、昨日私の通うフランス語講座で頂いた連絡網を見て、唯一一人の女性の連絡先が名前と電話番号のみ。何だか、その潔い簡潔さに後光がさしているように見えました。まるで八つ手の花のようでした。

f:id:masasarah:20181207112709j:plain

手抜きの自分用のクリスマスミニカード。シュトーレンに添える為にとりあえず8枚作製です。

Les hommes n'acceptent le changement que dans la nécessité et ils ne voient la nécessité que dans la crise.

クリスマスカード:ツリーシリーズ纏め

「婆叩きなどの語ありや大豆打ち」(星野麥丘人)

今朝の新聞に「小夏日和」などという語を見つけましたが、何とも摩訶不思議な12月明けでしたが、そろりそろりと空っ風が吹いてくるようです。そんな風にあたると、姉と母と三人で畑にブルーシートを引いて大豆打ちをした日のことが思い出されます。

「爆ぜ音聞きたや畑大豆干し」(徒然庵)

病院を出たり入ったりする頃になった母の手助けに借りだされ、弾けそうになったよく乾いた大豆を竹竿で叩きます。そうして干された大豆は格別に美味しかったですが...

f:id:masasarah:20181206172036j:plain

一昨日のテレビ番組「たけしの家庭の医学」で大豆が取り上げてあった所為でしょうか、昨日のスーパーでは大豆水煮の棚は空っぽでした。昨日は「ガッテン!」で小松菜が取り上げてありましたが、さすがに小松菜は売り切れにはなっていませんでしたが、カートの中の籠から葉っぱが覗いている人が多々いたでしょうか。っと他人事っと嘲笑しているわけではありません。うちの昨日の夕飯メニューはオカラ煮とオカラサラダ、今夕は、小松菜煮浸しに小松菜の胡麻和え。大概、テレビでレシピが紹介されて、美味しそうにゲストが食してられる姿を見ると数日中には作ってしまいます。食品の袋に「極み」「究極」「極上」「○○御用達」などという言葉を見ると、ついグラっと手が伸びて買ってしまうというように、物事に対して客観性欠落であり、「熱しやすく冷めやすき」代物、財布の紐は蝶結びではなく、団子結びにしておかないと、危険です。

さあって今夜の健康番組は何でしょうね?結局は、「体に良い物を食べる努力よりも、いけない物を控える力の方が、実際は大事なのでしょうが...f:id:masasarah:20181206174320j:plain

そろそろ、毎年恒例のシュトーレンを焼かないといけません。知人に贈るのですが、カードが全てプレゼントしてしまい、残っていません。ミニレターの再作成です。大掃除に手が出せるようになるのはいつのことやら。年末ぎりぎりバタつきそうです。

Le soja est cultivé en Asie de l'Est depuis bien avant les premiers documents écrits5. Sa culture s'est longtemps limitée à la Chine, mais elle s'est peu à peu étendue à d'autres pays jusqu'à devenir une des principales cultures aux États-Unis, au Brésil, en Argentine, en Inde, en Chine et en Corée. Avant l'apparition des produits fermentés comme la sauce de soja, le tempeh, le natto et le miso, le soja était considéré comme sacré pour ses effets bénéfiques dans la rotation des cultures. Le soja a été introduit en Afrique à la fin du xixe siècle, il est maintenant répandu à travers le continent6,