切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

久しぶり型染め手拭いー朱

「日々掃いて常盤木落葉又あらた」(松宮育子)
松・樟・杉・樫・椎などの常磐木は、新緑期(初夏)に新葉が生い始めると古葉がひそやかに落ちます。 これらの落葉を総称して常磐木落葉という。また夏落葉といい、五月の季語。落葉というと、秋だと思いがちですが、いつも寺の登り階段の掃除を日々していたおばあさんが言っていましたが、「落ち葉の掃除が大変なのは秋より新緑の5月よ」と。あのおばあさんも、もうあちらに召されてどれだけ経つのでしょうか。
「ひとの死の遽(にわ)かに軽し夏落葉」(鳥居美智子)
今朝自治会の年次報告書の回覧板が回って来ましたら、訃報者欄記載に義母の名前に始まり、義母のお仲間の名前が並んでいるのに、「ああ、あの方も」などと思っていましたらベルが鳴り、自治会長さんから向かいのおばあさんの訃報連絡を受けることとなりました。どなたも、義母がよくお喋りされた方。義母がいつまでも帰らず手作り品を持ってはお迎えに行ったものですが、どこもが空き家となっています。葬儀もお子息が仕切られるとなると、知らないままに数日が経ってから知ることも多くなりました。
「夏落葉とがりて土になじまざる」(柴田日葉女)
秋の落ち葉と違って、つんつん敷き詰められたまだ緑の落ち葉達は、何だか最後の抵抗のようにも見えますが、さて皆さんどうか成仏下さいませ。
 
南桂子さんのメゾチントの絵が好きで、その作品の中を切り絵にした型紙が出て来ましたので、久しぶりに染めてみました。
 
 
 
 

久しぶり型染め手拭いー青

「古茶嗜好名残り一服格別に」(古川春美)

新茶が毎年静岡の知人から届きます。そうすると晴れて去年頂いた新茶の封を切ります。貧乏性なのだなあっと思っていましたら、「古茶」という五月の季語を見つけました。新茶が出回る頃になりますと、前年の茶を古茶と呼び、新茶と違い酷があるからと好まれるのだそうです。「酷」誤字ではありませんよ。中国で穀物の熟したことを表した語「酷」から来ているのだそうですが、酷とは旨味ではなく深みのある味わい、複合的な味の重なりから出来るものなのですね。

「注ぎ分けて雫一滴古茶尽くる」(野田ゆたか)

長年生きてきたというのに、私は、お茶を入れるのが超下手です。先日NHKのドラマ「ツバキ文具店」を見ていましたら、奥田英二氏演じる男爵が主人公ポッポちゃんの入れたお茶を飲んで先代の祖母の味と同じであったからことから、彼女を見込んで代筆を頼みます。私と言えば、客人が来るたびに、冷や汗です。羨ましい限り、おまけに私は名うての悪筆。羨望の眼差しで毎週心のリセットさながらポッポちゃん見られればいいのですが、再放送時間が遅いですね。原作が小川糸さん。「あつあつを召し上がれ」「つるかめ助産院」「食堂かたつむり」知人がプレゼントしてくれ本棚に並んでいました。またポッポちゃんも読もうと思います。近づけそうにはないですが...

 

f:id:masasarah:20170511150606j:plain

Le thé n’a ni l’arrogance du vin, ni l’amertume du café et encore moins l’innocence minaudière du cacao.

 

久しぶり型染め手拭いー紫

「ゆげゆらら豆飯をまづ韋駄天へ」(阿波野青畝)

先日スーパーのちらしにうすい豆の広告が出ていましたので買い求め、お初の豆飯を炊いてみました。炊飯器のスイッチが入り炊き上がり出すと二階まで香りが漂って来ます。義母の大好物で待ち構えているだろうなあっと、「ビー」と炊飯器の炊き上がりのメロディー聞くと早速に仏壇に供えました。「お元気ですか?」

「豆飯の湯気を大事に食べにけり」(大串章

こんな風に旬を楽しむには必須の豆ごはんなどと思うのも、関西人だけだとか。そういえば、昨晩面白いTV番組がありました。兵庫県というのは大阪と隣同士であるにも関わらず、日々当たり前に思っている習慣に全く違った感覚があるのだと、インタビューを交えて紹介されていて、今更ながらに再認識。顕著だったのが、体育の授業で「全体止まれ」という号令の後の停止の仕方です。私は「1,2」だと言いましたら、即刻主人は「違うやろ。1,2,3,4,5でピシッと止まるんや」と。そうしましたら、画像に二人の大阪女子は「1,2」横の三人の神戸っ子は「1,2,3,4,5」でピタリ。今川焼は私は「回転焼き」主人は「御座候」。いや、これから初対面の方との会話で話が詰まると使えそうかなあっと思いつつ。よく笑いました。

 

久しぶりに、夏に向けて型染めをしてみました。晒生地は染めやすいのですが、斑が出来ないように、たっぷり目の染液を作って炊いたのが良かったのか一度染めで綺麗に仕上がりました。でも、フリマでは皆さん二度染めの手間をよくご存知ですね。以前に染めた二度染めだけが売れました。f*_*;

f:id:masasarah:20170510094133j:plain

Il faut éviter la singularité, et se conformer à la coutume.

グリーテイングカード:組み木柄

 

「アカシアの花揺らす風やわらかし」(林雄次郎)

f:id:masasarah:20170509105403j:plain

うちの近所の神社から写メを撮ったらしいのですが、「この花の名は?」と主人に聞かれ、頭に浮かんだのは「アカシア」。そう言えば昔苗を買った話を始めたら、私の頭を過ったのはミモザのようなふわふわ綿のような小粒の花。そこで、慌てて訂正しようと浮かんだ名前が「槐」カラスノエンドウと似た花にピーピー豆を巨大化した種がなるのですが、果たしてアカシアはどちらかしらとググってみました。以下解説です。

>一般にアカシアとよばれているのがハリエンジュで別名ニセアカシアのことです。本来のアカシア属は、ミモザの名で親しまれているギンヨウアカシアやフサアカシアの別名があります。 俳句でいうアカシアは針槐(別名ニセアカシア)のこと。
 ハリエンジュは棘の多いの落葉高木で初夏に白色の蝶形花を房状に開き下垂する。 花の香りがよく街路樹として各地植えられる。 札幌の街路のアカシア並木は有名。

よって、俳句で出てくるのは上記の写メと同じ風情のようです。

「アカシアによればうなだるる花のつかれかな」(種田山頭火

昨日から、ぐったりしていますが、どうも喉が痛くなり咳の悪化する風邪が流行っているとか。雨模様になるようで気温も下がるようです。ご用心下さいませ。

 

栞にするつもりで作りかけましたが、紙が薄くグリーテイングカード用に貼り付けました。両端の柄は伊東屋で見つけた幅広のマスキングテープ柄から取りました。

f:id:masasarah:20170509112114j:plain

Le Robinier faux-acacia ou AcaciaNotes 1,1 (Robinia pseudoacacia) est une espèce de la famille des Fabacées (légumineuses de la sous-famille des Viciaceae)2. Cet arbre présente des fleurs zygomorphes caractéristiques chez les Fabacées. Il porte aussi des fruits ressemblant à un haricot plat avec des graines à l'intérieur.

 

 

グリーティングカード:紫シリーズ

「そこはかと薔薇の溜息らしきもの」(後藤夜半)

ゴールデンウイークも漸く終わり、今朝の通勤電車の中はげっそり疲れ果てた溜息が充満していなかったでしょうか。それとも、漸く家族のしがらみから解放されて安堵の溜息だったのでしょうかしら。私はデュオ神戸の出展が終わり、放置され尽くした身の回りの整理に追われます。深紅の薔薇が庭先で咲きだしました事に漸く気づく始末ですが、さてそのそこはかとない溜息とは、思いをはせるだけでオドロオドロした闇に慄きますが、ちらりと愛媛の任意聴取の後自殺された方の親族の思いが過ります。その背景にはテレビドラマどころではない深い闇があるだけに、メディアの餌食になどで過剰反応がない事を願うばかりです。

f:id:masasarah:20170508105104j:plain

「光陰のいま矢の如く薔薇深紅」(後藤比奈夫)

 

ウェディング用のグリーテイングカードをググっていたら豪華な綺麗な絵柄を見つけましたので、それをベースに色々作ってみました。 

f:id:masasarah:20170508104411j:plain

フランス大統領決選投票はマクロン氏で決着したようですね。とりあえずはユーロは安堵というところでしょうか。それにしても二大政党でない最も若い青年政権。

Emmanuel Macron est devenu, dimanche 7 mai, le 25e président de la République française, en remportant le second tour face à Marine Le Pen. Selon les résultats quasi-définitifs du ministère de l’intérieur, le candidat d’En marche ! récolte près de 66,06 % des voix, face à la candidate frontiste, qui en recueille, elle, 33,94 %.

A 39 ans, l’ancien ministre de l’économie devient le plus jeune président de la Ve République, une hypothèse invraisemblable il y a encore un an. Une « nouvelle page » s’ouvre, a-t-il réagi, souhaitant qu’elle soit celle de « l’espoir et de la confiance retrouvés ».

 

グリーテイングカード:菖蒲

f:id:masasarah:20170507211142j:plain

デュオ神戸「手作り・雑貨・工芸」出展を無事終える事が出来ました。見て下さった方、お買い上げ頂いた方ありがとうございました。「恋ダンス」「うそ太郎」「おもえもん」「夜は短し恋する乙女」「刀剣乱舞」「CRISIS]「おそまつさん」「ワンピース」「ピカチュウ」などなど興味深そうに見ていただき、ご理解して頂き、嬉しかったです。ありがとうございます。これからも、いろんなコラボをしてこうと思っています。またどこかでお会いしましょう。ありがとうございました。

 

立体の菖蒲グリーティングカードは一つしか作れず、申訳ありませんでした。紫の濃淡用紙が沢山備蓄しましたので、次回はもっと立体カードが沢山用意できるようにしたいです。申訳ありませんでした。

f:id:masasarah:20170507212447j:plain

Merci pour tout.  A bientôt !   

 Merci beaucoup!!  A bientot!"   

デュオ神戸に向けてミニレター色々「紫レース模様」

「頭より軽きボールや夏始まる」(原田暹)

「我影のはっきりとして立夏かな」(小川和子)

「おそるべき君等の乳房夏来る」(西東三鬼)

昨日は24節気の立夏でしたが、まさにその言葉に似合う気温の日で、冬のままのパジャマを一気に半袖にしました。打って変わって今日は雨模様。気温も少し下がって平年並み。天気続きだったGWも、漸くの雨。まるで父親が心中で念じていたのでしょうか。「立夏過ぎ一枚羽織る小糠雨」(渡辺暁)

明日は雨が上るとか。いよいよ出展です。荷づくりに、お土産作りにと大忙しの一日です。

 

菖蒲のグリーティングカード作りにと、紫色の用紙を主人に頼んだのですが、一言で菖蒲色と言っても中々選ぶ方は大変なようで、微妙な色合いが幾枚も揃いました。それをいいことに、紫は気品高き色故、レース模様でシックに色々作ってみることにしました。

f:id:masasarah:20170506180104j:plain

いよいよ明日フランス大統領の決選投票日ですね。これほど、フランスの選挙が注目去れたこともないのでしょうね。決別した父親ルペン氏まで登場し、され裏目になるかいかがなものでしょうね。

Si le vote pour la présidentielle a lieu dans deux jours, la campagne électorale, elle, prend officiellement fin ce vendredi soir à minuit. Plus de sondages, plus de contenus pouvant influencer les électeurs jusqu’au dimanche 7 mai, 20 heures, heure de clôture du scrutin. Autant dire que cette dernière journée de campagne s’annonce cruciale pour Emmanuel Macron comme pour Marine Le Pen : les abstentionnistes et les indécis sont encore nombreux.