切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

歌舞伎ー連獅子②

音に聞こえし 清涼山(せいりょうざん)に 架けし石橋(しゃっきょう) 踊る獅子
見るも艶やか 牡丹
(ぼたん)の園(その)に 踊り狂いし 獅子の精
花の王なる 牡丹を背にし 心技変化
(へんげ)の 親子獅子
花は牡丹か 蝶舞う園に 競う紅白 獅子頭
八幡祭りに 連獅子引けば 牡丹の園に 蝶遊ぶ
強く育てと 心を鬼に 谷に蹴落とす 親子獅子
谷這い登る 子を愛で
(めで)育て 牡丹の園に 踊る獅子
あらし恐れぬ 親獅子小獅子 浮かれ胡蝶の 影を追い
日ノ本名題の 舞踊の中に 髪をあらうや 獅子頭
二代目団十郎 初演の舞を 踊り継がれし 連れの獅子
見るも勇まし 親獅子小獅子 打てや囃せや 牡丹芳
(ぼたんぼう)

歌舞伎の連獅子の毛振りを見たことがありません。背丈以上の毛を振り回す様には、相当の体力が必要で、役者は顔中汗だらけで力を振り絞って、演じるそうで、その姿は圧巻。連獅子は、片方が白の毛の親、もう片方が赤の毛の子、大小になっているのと、同寸のがあるようでが、とりあえずは紅白に違いないようなので、色付けすることにしました。陰影をつけ、少しでも立体感が出したく、色付けには、少し、ずらして貼りました。陰影を施す為に、額のマットと下地との間に隙間を作りました。両面のゴムて隙間テープを黒地の切られた紙の裏に二重にはみ出ないように、カットした幅に合わせて切り貼ります。

f:id:masasarah:20150201212839j:plain

La lumière montre l’ombre et la vérité le mystère.