切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

歌舞伎ー藤娘③

昨日の藤娘下絵に、背景に松を入れずに、藤だけを入れてみました。映えないかと、着物と帯も色付けしたのも、やってみましたが、ずらさずに、色を入れるのは、立体感が出ず、塗り絵のようになり、面白みに欠けます。

 

f:id:masasarah:20150204231857j:plain

f:id:masasarah:20150204231959j:plain

今日は、少しカットする時の下敷きの事を紹介します。始めた頃は、オルファのカッタ―マットを使っていましたが、初めはいいのですが、すぐに摩耗して、硬くなって刃先がすぐに折れてしまいました。そこで、展覧会場で教えて貰ったのが、透明のテーブルマットです。厚さ2mmを使っています。刃先が食いこんだり、撥ねたりさず、曲線もスムーズにカット出来るようになり、実に助かっています。大きさは、A4サイズにしています。確かに、カットするスペースというのは、10cm四方でも充分なのですが、手の置く場所がはみ出し、安定感がないので、この大きさにしています。価格的にも、オルファの商品もりも安価ですし、長持ちします。さすがに、傷だらけになると変えます。まっさらの下敷きで、新品の替え刃を使う時は、細密画と決めています。腕より、道具の力は大きいです。

Logique: un bon outil qu’on nous vend Presque toujours sans la manière de s’en servir