切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

Aubrey Beardsley -「本当の話」(ルキアノス)

真新しい刃に変えたので、細密画を。ビアズリーの線画は黒のみ。縁飾りのデザインを見ていると、モリスの壁飾りなどに似ているなあと思ったら、同世代。モリスの鮮やかな色調とは対立したようです。アールヌーボーのまっただ中の人。切り絵を始めた頃は、曲線が難関の一つでした。今も、まだ美しいアールを描けませんが、アールヌーボーをやるには、曲線を避けては通れません。直線の建築物より、遣り甲斐があり当分はここからは抜け出られないでしょう。

一つ、進歩したのは、細かい物を切った時、当初はそのまま、適当に切り飛ばして、後からピンセットで切り残しをはぎ取っていましたが、小さな粒々は切り残されたままになること多々。最近は、少し雑さからは脱皮。逐一どんな粒であっても、その場その場で、切り残しがないように丁寧に切り落とすようにしています。\^ 。^/

f:id:masasarah:20150205232917j:plain

« Il n’y a pas de problèmes qu’une absence de solutions ne finisse à la longue par résoudre. »