切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ウオールステッカーーゴミ箱①

Joseph Redoute の 日めくりカレンダーを毎年頂いていました。一枚一枚に描かれているルドウテの絵がもったいなく、捨てずに置いて、これまでいろいろな事に利用してきました。紙が薄いので、そのまま黒紙と一緒にカットしています。和紙を使って、ランチョンマットにラミネート加工したのは以前紹介致しました。いつかは、寄せ書きの色紙のアレンジに貼らせて貰ったこともあります。まだまだ、沢山残っていますので、和紙でカットしたのを貯めて置いて、シール代わりにいつでも利用できるようにしておこうと思っていますが、まだ、備蓄ゼロですf*_*;

Resette-9 

鋏を使うこともあります。細部には用いませんが、このように、どこかに貼って利用するような、周囲を全て切り抜いてしまう時です。内側の線画を全てカットしてしまうと、周囲をくりぬくのは、力を加え過ぎると、紙が切れてしまうことがあり、かなり慎重にやらないといけません。そういう時、小さい作品だと、よく鋏で切り抜きます。縁取りの線がナイフより、細く出来ます。但し、このウオールステッカーの紙はシールの糊が気になるので、ナイフで仕上げています。

f:id:masasarah:20150215010615j:plain

Prenez un journal. Prenez des ciseaux.
Manifeste sur l'amour faible et l'amour amer