切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

Aubrey Beardsley- 「アーサー王物語」④

Arthur and the strange mantle

モルガンのところから一人の乙女が豪華なマントを持って来た。そのマントには見事な宝石が散りばめられ、中には王が今まで見たこともない豪華な石もあった。王はこのマントを見て、大変に気にったが、そこに「湖の貴婦人」がやって来て、マントを着るのを待つようにと言う。王は、代わりに持って来た乙女に、それを着るように命じるが拒むので無理に着せると、その乙女は倒れて息絶え、一言も発することなく、灰になるまで燃え尽きた。 

recette-16 

今日は春のフライング。雨も上がり、日差しがさし、コートも脱いで歩いていると、オオイヌノフグリが咲いていました。思わず屈み摘み取り、急ぎ帰り押し花に。道端の小さな花を見つけると、私の押し花虫が目を覚まします。裏山に行く季節です。石垣の隙間から出てきたシダ類の新芽はこの季節でないと収穫できません。小さな、小さな渦巻きは、蝶の吸い口のようです。ペンペン草のハート型に、プチレースフラワーのような花、小判草もそろそろ出てきます。毎年、それぞれのポイントに足を運べば収穫できます。押し花には、向き不向きがあります。木の花、肉厚のあるものは向きません。雑草がいいですね。でも、押し花は色が褪せます。今年は、ちょっと押し花はスケッチに留め、リバティ柄風に、色画用紙で切り飛び出す絵本みたいに、並べてみようかと思い着きましたが、いつになるでしょう。三寒が全温になるまで、流行る気持ちが縮まぬように。

f:id:masasarah:20150224004831j:plain

 Dame de lac a sauvé Roi Arthur de la cape qui aurait pu le brûlé.