切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

Zentangle-花瓶③

雨水はもう過ぎてしまいましたが、その言葉を実感するいい雨が昨日今日と降っています。いろんな球根が芽が出しています。すでに先出した花もあります。木々を見ると新芽がでています。枯れたかと思っていた紫陽花も、根元から新芽が出てきました。花ミズキに絡ませていた、お気に入りのクレマチス・アーマンディに蕾がついています。この花は咲いてしまうより、蕾が可愛いのです。今年はブーケのように花ミズキを喜ばせてくれるのではと楽しみです。ボケにも沢山蕾が膨らんで来ました。梅はもう終わりです。さてどれだけ実がなるのでしょう。しだれ梅は去年剪定をしなかった所為か、ほとんど花がついていません。去年は地面につく程にしだれた幹に花がついて、中々風情があり、ついついそのままにしていたのがいけなかったようです。ジャスミンがまた大変なことになりそうですが、花が終わるまではそのままにしておきますが、さて、また通行人達がどう思うことやら思いやられます。そんな花達をそれぞれの色合いの和紙で切って、実物と同様に重ねてみるのもいいなあっと思っています。構想ばかりで、今はシール作りに勤しんでいます。

recette-21

ひたすら切っていると、肘の関節がやばくなって来ます。そういう時にするのが、私の場合数独です。しかし、手休めのはずが、解けるまでついついのめり込んでしまいます。解けると気分が晴れやかになって、切るのも進みます。

f:id:masasarah:20150301001144j:plain

Après l’hiver

N’attendez pas de moi que je vais vous donner
Des raisons contre Dieu que je vois rayonner ;
La nuit meurt, l’hiver fuit ; maintenant la lumière,
Dans les champs, dans les bois, est partout la première.
Je suis par le printemps vaguement attendri.