切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

Zentangle-花瓶④

ボッシュブリューゲル歌川国芳不思議の国のアリスピーターラビット、さて、そこに共通するものは何か分かりますか?擬人化された現実には存在しない物が登場します。自分でも気付いていなかったのですが、どうも私はそういう物が好きなのでしょうね、ついつい魅かれて真似てみたくなります。でも、例外になるのか、あの地方創生に祭り上げられいるマスコット人形は、余りどころかかなり好きではありません。その違いは明らかに、非現実的な物であるにも関わらず、前者で上げた作品群にはリアリズムがあるからなのです。以前、公園の松に向かって熱心にスケッチされている人が居ました。確かに絵になるような松でした。通りがかるようにして、その人のスケッチブックを覗いてみたら、そこには人間が空に向かって舞い上がっているような絵でした。はたと、わが目を疑ってみたくなったような気がします。当たり前に見えている愚鈍な目からの脱却の為、上記の作品を模切っていきます。

recette-22

和紙は、縁合って小川町の和紙をつかっています。やり始めた頃は切るのに厚みが負担で、限りなく薄いものを探していました。不親切な文房具屋さんでは、見本がなく薄さが分からず困ったものです。今は、気になるのは色です。値段もですが、使わない色がもったいないですね。冷え込む冬の間に漉くのだそうですね。そう思うともったいなくて、どんな切れ端も捨てずに、小さなケース(豆腐の容器)に入れておいて、再利用します。色を入れる時には、この切れ端がとても役に立ちます。

 

f:id:masasarah:20150302025440j:plain

La réalité est simplement une illusion, quoique très persistante.