切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

作品が出来るまでー屋根瓦②

昨日より、今日、今日より、明日と、気温がぐんぐん上昇しているようで、桜が開花宣言を出しながら、日に日に蕾は綻び、花弁は風に舞い、一気に散ります。その光景と、卒業式というのはよく似合います。これがいつか、二学期制になったらどうなるのでしょう。桜のない式典。様々な電化製品が変容していくように、どんどん、日本人の思いも変わり、別に卒業式が9月になろうとも、気にならない時期がいずれ来るのでしょうか。

写真を下絵にして切る時は、凹凸の選択で悩みます。路地裏を凸にするかどうかで悩んでいます。家の前で座り込んでいる少年、街灯、ポスト、アンテナ。それを凹凸どちらにしたら映えるか。潔くは中々なれません。

f:id:masasarah:20150327000204j:plain

 

La floraison des cerisiers ne dure pas. L'essentiel on l'attrape en une seconde. Le reste est inutile.