切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

フリマに向けて⑥-ランチョンマット①

気温が漸く、ダウンジャケットを要することもなくなる程に安定してきたのでしょうか。スーパーには、早「暖」「温」から「冷」の字が目に着くようになりました。冷ややっこ、冷麺、ぶっかけ何とかなど、赤札コーナーには、プチ鍋の素、蟹酢などが積まれています。土鍋は奥に追いやられて、ガラスの器が自然と目に留まります。今日は穀雨。何でも撒いておくと、ぐんぐん芽が広がりますが、雑草との闘いですね。

押し花が楽しみにしていたのですが、押し方が均一でなかったのか、綺麗に仕上がらずランチョンマットに生かそうと思っていましたが、数がありません。ついつい、いつもやり過ぎる傾向にあるので、なるべくすっきりと纏めようとしましたが、ちょっと寂しいような気がします。

f:id:masasarah:20150420071641j:plain

f:id:masasarah:20150420071709j:plain

Jamais pluie de printemps n’a passé pour mauvais temps.