切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

点描色付け試み②ーゴッホ④

今日は「国際家族デー」だそうです。その記事のある新聞紙面の裏には、「家族という病」の本紹介が目に留まりました。『殺人事件で最も多いのは”家族間”である』と。家族という呪縛から人は抜け出せないが、最後は一人ということを悟るべきもので、孤独死が問題視されているが、それを不幸と思うこと自体が、家族幻想の中に居るのかもしれないと。介護と直面して初めて、家族と言う事の実態が見えてくると。元トップニュースキャスターの下重暁子氏の本です。

どくだみや真昼の闇に白十字

雨にどくだみが洗われて、白い十字が映えます。まるで、家族とはなどと考え込む身を笑っているようです。

 

点描第二弾と、パンチを使わずに、和紙を丁寧に丸くカッタ―で切って一枚ずつスティック糊を塗って貼っていきます。少しずつ埋めていくしかなく、一部ずつ紹介します。

f:id:masasarah:20150516070111j:plain

Le mensonge et le silence arrangent bien des drames de famille.