切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

小さい作品ー花柄動物たち

「くちなしの花咲きそめし芒種かな」

梅雨空に、くちなしの香りが漂い、どこからかカタツモリがのしのし、そんな芒種。湿度が増し出しました。それまでに室内の黴とりをしておくと、年末の大掃除が楽になると、片づけの達人さんが書かれていましたが、気付いたら最早菌の天下になっています。湿度さえなければ、少々の高温は不快数をあげないのでしょうが、モンスーン気候の地域の暑さは湿度の高さが問題なのでしょうね。インテリア売り場で、最近加湿用の特殊繊維で作られた蛇腹式のエコ商品を見かけますが、冬場以外に使う事もあるのでしょうか。水につけておくと、吸水して蒸発するそうで、部屋の乾燥を防げて、置物とし見栄えがいいです。素材を見るとポリエステルとなっていますが、カッタ―などの生地とは違って張りがあり、薄での発泡スチロールみたいな素材になっています。デザインも木や花だけでなく、動物などもあり、カッティングが鋭利で、思わず切り絵向きだなあっと思いますが、素材が手に入らないようです。 それにしても、湿度の高くなる夏に向けて、このような商品はどうして売れるのでしょうね。

 

サハリ調になるかと、草も並べてまみましたが、袋売りするには重なると何が入っているのか見えなくなるので、薄い画用紙に両面テープで止めようかと思っています。

f:id:masasarah:20150606223741j:plain

Les champignons poussent dans les endroits humides.   C’est pour quoi ils ont la forme d’un parapluie.