切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

初夏への草花ーみずひき

「曇天の朝 新しき沙羅の花」

ドクダミ、山法師、夏椿、泰山木、梔子、そして沙羅。梅雨空の下には、こんな白い花がとても映えます。木々にも、秋の実のみが知られていますが、栗、ドングリ、サンザシ、柿、南天など、気付かぬうちにも、白い小さな花が集まって咲きます。その目立たぬしとやかさ故か、雨と共に、香りは増します。

沙羅と言えば、平家物語沙羅双樹のイメージが強いですが、これは少し違ったもののようです。インドの沙羅は星型の小さな花で、日本の沙羅は夏椿のことのようです。双樹というのは二本のことを指し、釈迦がその間に身を横たえられ最後の説法し入滅されたことから来ているそうです。熱帯高木で日本では温室でないと育たないのだそうです。もちろん、「祇園精舎の鐘の声...」も実は遠き地の花。昔僧侶が山中で見かけた夏椿を見立てた事が発端となり、各地の寺院には夏椿が沙羅双樹として鎮座するようになったとか。でも、沙羅と見立てていたい楚々とした花です。

「己が身は捨身の如し沙羅の花」

押し花には、薄紫の花びらは、大根花に、菜種にラベンダーにヒナゲシ。葉は、アイビーにジャスミン、ノコギリソウに、カモミール。折角切った、朝顔が台無しになってしまいました。

f:id:masasarah:20150619000220j:plain

Le Bouddha Shakyamuri méditait dans un bois de sals près de Kusinâgar au momen de son parinirvana(sa mort pysique) et son corps aurait été recouvert de leurs fleurs.