切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

あれもこれもーローズマリーのリース

「泰山木の花ぽっかり雲の下」(白倉智子)

「天ばかり仰ぎて泰山木の花」(山田暢子)

公園や道路の街路樹や近くの山裾でよく見かける木なのですが、名前がわかりません。南天の花のように密集した花の塊りが円すい形ですが、もう少し一つずつの花が細かく、ふわふわとアイボリー色の花粉が風に揺れて飛んでいくのが目に見えるような剛健そうな木。それ故か、どこでも見かけますが、秋になるとどんな色の実がついていたか記憶が定かではありません。今、栗やドングリが花盛りですから、その仲間でしょうか。「白い初夏に咲く木の名前」で検索。次々に目に入ってくる白い花を眺めていると、背景となるはずの梅雨空がとても映えて見えて来ます。結局名前には辿り着きませんでした。画像からは香りは判りませんが、雨に濡れると木々の花の香りは増し、画像を見ているだけで香りが蘇って来ます。雨粒に濡れたくちなし、泰山木。知らなかったのは、栗の花は栗の香りがするのだそうですね。柿の花はどうかなっと思いましたが、もう落ちたのか小さな実を見かけます。問題の木は、秋にはしっかり実を見届けて、それにて名前を絞り込んでみようと今は思っていますが、どなたかご存知の方、よければお教え下さい。

179回。実は私の投稿数です。スタートが今年の1月4日。つまり半年が経過しました。もう一つ続けているブログは10年目。アップ数は3386。http://ameblo.jp/courrier-des-lecteurs 

毎年纏めを一冊作っていますが、今年はフリマに追われてまだ纏めておらず、ただ今作製中。それにて切り絵が時間狭まり、時間かけた作品出来ず少々ストレス堆積。

f:id:masasarah:20150703075033j:plain

f:id:masasarah:20150703075046j:plain

Fais de ta vie un rêve, et d’un rêve, une réalité.