切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

型染め型ー不思議の国のアリス完成

「電線のからみし足や震災忌」(京極杞陽

近くの小さな図書館は閑静な住宅街の中にあって、書籍数は限られていますが、珠によると画題に参考になる資料を見つけることがあります。先日通り過ぎようとしたら、「へえ、ほらここだよ。この返却ポスト見てよ。そのままだよ」と若い女の子が二人でその前で写メを撮っていました。聞くところによれば、ある映画の背景になっているそうです。アニメーションの映画であるにもかかわらず、そこには現実のひとつの街を正確に再現しているのですから、この界隈に住んでいる人には欠かせない映画となるのかもしれません。

「朝雲の故なくかなし百日紅」(水原秋桜子

今日はあれから30年。今朝も早くから御巣鷹山をめざして登っておられる方がおられます。日航の実在する一社員側に基づく小説を書かれた山崎豊子さんも亡くなられ、映画化された「沈まぬ太陽」が上映されたのは2009年。時は流れていきます。25メートル泳げたご褒美に大阪行きを楽しみに一人で搭乗した9歳の男の子も、もしは言ってはいけないのでしょうが、どうしても数えてしまう年齢は39歳。映画の中では、なるべく無残なシーンは避けられていましたが、ふと映る画面の中で実体験と重なり合う断片に心抉られる事もあったでしょう。

人の脳裏に活写された画像がよみがえる引き金に映像という試みが利用されているのかもしれませんが、願わくばそれが心穏やかになれるものでにあって欲しいものです。ご遺族の方々に幸多いことをお祈りします。

もう残暑と言わないといけない季節と言えば、少し心持しのぎやすくも思えてきますが、雑な切り方になっています。言わないとアリスだとは分かりにくく、これを染めたらどうなるのでしょうね。構想は手ぬぐいですが...

f:id:masasarah:20150812083837j:plain

f:id:masasarah:20150812085632j:plain

Ce n'est que par la mémoire que nous sommes un même individu pour les autres et pour nous-mêmes. Il ne me reste peut-être pas, à l'âge que j'ai, une seule molécule du corps que j'apportai en naissant.