切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ハンカチ染めーLIBERTY模様

「山の彩うつし鬼怒の水澄める」(長谷川勢津子)

昨晩は、画面には露天風呂が泥水に飲み込まれていく姿が何度も映されました。あの浴衣模様は私たちが泊まったホテルの柄ではなかったかしらと思いながら、ホールの水浸しのシーンを食い入るように見てしまいました。濁流の中救助された方がインタビューで答えておられましたが、「津波が押し寄せたかと思った」と、今更に水の驚異を痛感させられました。

去年、紅葉の季節に訪れたのが鬼怒川温泉。車中から眺める川は穏やかで、ところどころには砂州が見えました。思い起こせば、広い川幅で、寄せられた巨岩石が水流の力でそれは綺麗に丸みを帯びているのが、何やら不気味な感じがしたのでした。

温泉から少し足を延ばし訪れたのが龍王峡。その折も少し雨が降っていて、足元に転がる岩がよく滑りましたが、五龍王神社から眺める水面の色は吸い込まれていきそうな程に澄んだ緑青色でした。それは沢山写メを撮りましたが、中々作品には至っていません。単線の電車が来るのを待つ間寄った茶店はどうなっているでしょうね。あの地下壕のような龍王駅は今どうなっているのでしょう。それでなくとも、温泉界隈を散策してみて、目に留まったあの亡霊のように佇む豪華さが仇になってしまった朽ちたホテルに山積みされた廃棄物。昨日も予約客のキャンセルが殺到しているそうです。町を起こして、所有者不明のホテルの廃棄物処理を税金で行うとしていた矢先の今回の災害。これからハイシーズンの紅葉の季節が到来するというのに、痛恨の極みでしょうね。あの見事な渓谷がまた堪能できる日が来ることを願うばかりです。先ずは、救助が滞りなく収拾し、避難されている方々の平穏な日々が戻られることをお祈り致します。

 

いろいろな生地を染めてみて、実感するのが素材に得手不得手があるようです。綿100%が一番クリアに染まりますが、染め色が同じ配合の染料でも、濃く仕上がります。絹は油断すると、糊置きがしっかりせず、流れてしまうことがあります。一か八かでは、素材が高価になると問題です。原因究明の試行錯誤です。これは、綿100%色なので、糊置きは良好ですが、染料を薄くしましたら、色斑が少し気になります。

1

f:id:masasarah:20150911092350j:plain

Faire face à l’immensité des océans, c’est tourner le dos aux vicissitudes terrestres.