切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

へちまに因んでー若冲のへちま

今年も暑い夏でしたが、エコの涼感としてグリーンカーテンの軒先をよく見かけるようになりました。中でも人気なのはニガウリ。いつから、ヘチマは影を潜めるようになったのでしょう。ヘチマは有用植物としてどこの家でも軒先には茂っていたような気がします。大きな実が鳴り出すと、茎を切って一升瓶に差し込んでおくのです。そこに溜まった汁を塗ると「別嬪さんになる」などと、化粧水となり、利尿効果に、咳止めなど、飲み薬にもと重宝し、実は果肉を取り除き乾かして、タワシ。日常生活の必須アイテムでした。

「痰一斗糸瓜の水も間に合わず」「糸瓜咲て痰のつまりの仏から」「をとといのへちまの水も取りざりき」

9月19日は正岡子規忌。35歳絶筆の作品3句からも、糸瓜忌として知られています。

「子規庵の子規の視線に糸瓜棚」(栗林清揺)

この糸瓜の「へちま」の言われがおもしろいですね。実から繊維が取れることから、糸瓜(いとうり)と呼ばれ、それが訛って「とうり」となり、「と」は『いろは歌』の「へ」と「ち」の間にあることから「へち間」となったそうです。(笑)

「苦瓜を食ぶエコライフ自認せる」(古川春美)

苦瓜も栄養価が高く、ゴーヤチャンプルは沖縄の郷土料理から飛び出してどこに居ても食せる料理になりました。取り忘れた黄色い実がぶら下がっているのをよく見かける季節となりました。聞くところによればジュースにすると美味だとか。実に損失のない今風有用植物です。タワシも化粧水も耐久性保存性の科学進化に淘汰されて代替わりですね。沖縄産物の軍配に感謝をこめて、そろそろ終い支度、「お疲れ様でした」とねぎらい、茶けた蔓を外してネットも来年用に仕舞いましょうか。暑さ寒さも彼岸まで、ゆるりと秋支度としたいですが、不眠不休の方々には酷ながら、まだまだシルバーウイークではなく、茨の道を踏んで頂きたいですね。

 

若冲の糸瓜にバッタに蝶の図が染めたくて切ってみましたが、細い線を強固にしたく、ちょっと悪戯になりますが、蜘蛛の巣を張り巡らせてみました。

f:id:masasarah:20150919013642j:plain

Luffa aegyptiaca  

Le fruit a deux utilisations :

  • alimentaire : Il est cuisiné jeune comme des courgettesou des aubergines.
  • utilitaire : Ses fruits sont utilisés une fois séchés comme épongevégétale (gant decrin) d'où son surnom de "courge du hammam". Le luffa entre dans la fabrication des serviettes éponges ainsi que des gants de toilette naturels (il faut alors le couper à la base et le vider de ses graines par ce trou). Il faut toutefois le faire blanchir à l'eau bouillante pour éviter qu'il ne devienne noir à l'usage. Cette éponge est un excellentexfoliant dermique (peau sensibles s'abstenir).