切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

グリーティングカード:ハローウィーン立体

「団栗を拾ひしあとも跼(かが)みゐる」(石田郷子)

通りがかりに幼稚園があり、塀沿いに植えてあるクヌギの木から団栗が溝にぽろぽろと落ちています。ついつい見とれてしまいますが、園は休みなのですから、中はとても静かです。そういえば、昨日は体育の日でしたが、余りどこからも太鼓の音もオッフェンバックの「天国と地獄」も聞こえなかったです。そこの幼稚園では、秋の募集に向けてか、夏休みが終わるとそれは熱心に「組体操?」の練習に余念がなく、体操のお兄さんの声がよく聞こえてきたのですが、最近は聞かなくなったような気がします。いつでしたか、幼稚園や保育園の騒音問題が周囲の住民から発生したことがありましたが、それが元なのでしょうね、最近の園児は遊ぶのにも戒律があるのでしょうか。

「思い出してはあそぶポケットの団栗と」(加藤楸邨

最近は、運動会も子供が軟弱になったのか、親が熱心なのか、責任問題がどこでもたらい回しになります。例の組体操のピラミッドの段数問題。果ては百足競争も取りやめになる勢いだとか。騎馬戦もひょっとすると危惧され兼ねないですね。そもそも、運動会なる、日本特有の文化と言ってもいい物だけに、国民性が流動しているだけに、風化していっても仕方がないのかもしれません。

「団栗の己が落葉に埋れけり」(渡辺水巴)

今朝は新聞休刊日。父は休刊日には、単に朝の郵便受けが空っぽなだけなのに、朝中肩を落としているみたいでした。たかが、新聞如きにと思ったものですが、朝刊のない朝というのは何とも手持無沙汰なものだと、今更に父の思いを垣間見ます。

 

さて、湊川公園手しごと市も第四土曜10月24日、二週間を切りました。私の「切り切りMme」の出展情報の紹介写真も前回売れてしまったので、変更致しました。よければ覗いて下さい。今回は、切り絵額入り作品は、B5サイズなどの小品を揃えてみました。後は人気のグリーティングカードにウオールスティッカーをなるべく多彩に揃えるつもりです。新しい試みは型染めです。是非、お近くにお住まいの方お越し下さいませ。

http://minatogawa-mart.net/artist/

f:id:masasarah:20151013075609j:plain

“Qui voit le chêne dans le gland voit Dieu dans le chêne.”