切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

グリーティングカード:ハローウィーン平面

 

「秋の空雲は綿あめと鰯たち」(東秋茄子)

朝日新聞夕刊の「人生の贈りもの・わたしの半生」で、養老孟司氏が東大教授を退かれた折の事をこう書かれていました。<辞めた日の朝、空があんまり青くてきれいに見えるものだから、「あれえーっ?」ってびっくりしましたよ。不思議でしょ。本当にきれいに見えんだよ。「何だよ女房の世界は毎日こんなに明るかったのか」って思ったら、悔しくなったね。>

サラリーマンという職業に就いた事がない私には、日々有無を言わさず定刻には通勤電車に揺られているという生活をしたことがないので、この境地はわかりません。申し訳なくも、空を惜しげもなく眺めています。夏には、さながら「マルグリットの空」の展覧会と思える日は、誰かにそれを伝えたくて仕方がなくなります。秋になると、車中から見える羊や鰯を見ると写真に納めたくなります。本当に、申し訳ない限りです。

「側転の子の回したる秋の空」(大川ゆかり)

「秋の空逆立ちの子の地球かな」(川南隆)

私は、側転も逆立ちも逆上がりも出来ない運動音痴なのですが、鉄棒で大車輪をしたり、バク天などを晴天の元でしたら一瞬でも地球を客観視できるのでしょうか。でも、無邪気に鉄棒や空き地で逆さになった空を眺めてはしゃぐ子供が消えているのでしょうか。

「『お兄ちゃん』兄呼んでみる秋の空」(須賀敏子)

今朝の新聞には、虫歯治療をしていない子供の記事が掲載されていました。確かに、歯の治療代は馬鹿にならないです。いつかも若い女性達のお喋り。「ねえ、歯医者行く?」「そんなの行かないよ、そんなのもったいないよ。それがあるならゲーム出来るし」「そうそう、好きな服買えないよ」若い子なら、それで済むのかもしれませんが、幼少時の歯の治療放置は怖いですね。日本は、子供の貧困率が世界平均を上回っています。平均が13.7%に対して、日本は16.3%、デンマークは3.8%、ドイツは8.1%、韓国9.7%米国は20.5%。(子供の貧困率とは、世帯収入をもとに子供を含む国民一人あたりの可処分所得を試算し、順番に並べた時に真ん中の人の額の半分に満たない18歳未満の人の割合)

「何もかも吸い込んでいる秋の空」(山荘慶子)

持つ持たざるに関係なく、誰でもに、『大の字になって天を仰ぐ』など、出来そうなはずなのに、秋空の澄んだ青さを知らない人が余りにも多いのには胸が痛むばかりです。

今になって、ひょっとしたらマルグリットもそんな願いを込めて空を描き続けたのかとふと思います。申し訳なくも今日の空模様を私は知ってしまっています。

 

 

湊川公園手しごと市10月24日(土)ですので、月末のハローウィーンに因んで、グリーティングカードを少し扱ってみようと思っています。オレンジに黒なので、切り絵が映えます(^ ^)/  是非お越し下さい。

http://minatogawa-mart.net/artist/

f:id:masasarah:20151014084718j:plain

Qu'il soit bleu, gris ou orangé le ciel est toujours là, au-dessus de nos têtes. Reflet de nos humeurs, on y cherche l'inspiration, on l'interroge, on l'admire. Trente citations pour...