切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ガラス額:ルミナリエ②

「電球のやうにぷっくら茶の蕾」(本井英)

道端に、雨に打たれ散った山茶花の花びらを見かけますが、うちの実家には何本か茶の木が植わっていて、ちょうど今頃、山茶花と並んで花を咲かせたのが思い出されます。山茶花より小ぶりで、桜と同じぐらいの大きさでしょうか、でも桜とは違い葉に挟まれた中で下を向いて咲きますが、その蕾がまさに丸々とした電球なのです。

「茶の花やまぶしきまでの金の蕊」(岸部幸子)

純白の花びらが開くと、中から雄蕊がびっしりと広がります。その艶やかな色は、まさに金粉。こんな花を見た事のある人はそうそう居ないのでしょうか。名茶の里のような、傾斜面に並んで植えられた木には余り花は付かないのだそうです。葉が売り物なので、過剰に栄養を与え花芽を減らすのだそうです。吉野弘氏の「茶の花おぼえがき」という散文詩に「長い間、肥料を吸収しつづけた茶の木が老化して、もはや吸収力をも失ってしまったとき、一斉に花を咲き揃えます。花とは何かを、これ以上鮮烈に語ることができるでしょうか」という文章があるのだそうです。

「茶の花や久しき郷里の香にしばし」(南部静季)

ルモンドやフィガロなどフランス紙を読んでいると、kamikazeという単語が目につきます。自爆の意として定着しているようですが、ISのプロパガンダによれば「自爆後には、花が咲き乱れ、美女に馳走に囲まれた別天地がある」という宣伝文句に救いを求める人が絶えないとか。現実の厳しさが切実に伝わって来ますが、それをカミカゼとイコールにするのを気に掛けるのは日本人のみでしょうか。「堪ったものじゃないぞ。自らが爆弾になるんだから防ぎようがないからな」と囁かれながらも、装着ベルトまでがあるそうですが、戦時中、他国では特攻部隊の事をそう思われていたかと思うと、語彙範疇と化すのでしょうか。吉野氏の言葉が重なります。

 

神戸ルミナリエ資金繰りが大変で今年からは先行ネット寄金が始まっているそうです

が、出だしはどうなのでしょうか。図柄はなるべく遠近感のあるのを選びたいのですが、凹凸の選択が大変難しいです。横長で、左が上になります。中央よりやや下方に三つ小さく並んだ〇は信号機なのですが、気付かぬうちに裏からセロファンを適当に散りばめなにやら分からなくなってしまいました。

f:id:masasarah:20151119201707j:plain

Le thé vert est un thé dont les feuilles, après la cueillette, seront le plus souvent flétries et chauffées à haute température, afin de neutraliser les enzymes responsables de l'oxydation. Elles seront ensuite roulées et séchées plusieurs fois afin d'obtenir une forme particulière. On peut distinguer deux méthodes principales pour obtenir du thé vert. La méthode chinoise, d'une part, par laquelle les feuilles sont chauffées dans de grandes bassines de cuivre placées sur le feu ; la méthode japonaise, d'autre part, par laquelle les feuilles seront chauffées à la vapeur, très brièvement, en moins d'une minute, avant d'être roulées et séchées.

f:id:masasarah:20151119202224p:plain

Abdelhamid Abaaoud, 27 ans, le commanditaire des attentats de vendredi a été tué dans l'assaut des forces de l'ordre à Saint-Denis. Son corps a été formellement identifié. Une perquisition a lieu à Aulnay (93), dans l'appartement de la mère de la kamikaze présumée, qui s'est faite exploser lors de cette même fusillade.