切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

今年の括りー暦1月

「罪なくて白菜どものくくらるる」(野田ゆたか)

今日は24節気の大雪。でも、雪とは縁なく木枯しもお休み気味の穏やかな冬の始まりです。白菜の植わっているのを通りすがりに出くわすと、荷造り紐でしっかり巻きつけられてあるのを見かけます。こうでもしないと結球しないとは、何だか本当に悪いこともしてないのに、お可哀そうにと思ってしまいますが、折角植えたのに、青い白菜ではちょっと食欲は削ぎますね。

「白菜もところどころに人の恩」(阿倍完市)

昨日、街角で目に留まったギャラリーに寄ってみました。木版画家さんの個展でしたが新たな試みとして数点切り絵も展示されていました。ツゲ材を、まるで銅版画のような細かい線で彫るという途轍もない労力を伴う作品群は、こちらまでが腕が疼くようでした。その並々ならぬご苦労を聞いているうちに、白菜を真っ二つに割った瞬間のびっしり詰まった縮緬(ちりめん)のような葉が重なり、果たして白菜も、結球に苦労した恩を売りたく思っているでしょうか。

「白菜のうちがわにいるお母さん」(小枝恵美子)

ずっしりと結球した白菜は洗い二つに切られ、塩をして樽に隙間なく詰められ糠を入れ漬けこまれます。その単調な繰り返しの作業を続けるうちに、母の思いまでが刷り込まれるのでしょうか。出来上がった漬物は、そんなこともついぞ知らず、塩加減と浸かり頃で人は舌を満足にも不足にもなります。恩は、つくづく売るものならず、最後の出来だけが、人の心を動かすかどうかで決まるものなのだと、自戒です。

 

以前お話していましたように、知人が私のブログで紹介した作品を上手に組み合わせてカレンダーにしてくれました。若冲の鶏と、型染め用に切った伊勢型模様です。

f:id:masasarah:20151207074840j:plain

Le chou est une plante bisannuelle à feuilles blanches, entières, allongées et dressées formant une « pomme » de forme allongée.  La tige florale qui apparaît durant la deuxième année porte des fleurs jaunes regroupées en épi. Les fruits sont des siliques renfermant de petites graines noires sphériques.