切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ミューシャ横顔①

「新調の朱肉鮮やか事務始め」(野田ゆたか)

週末明けの月曜ですが、29日から休みに入ると、結局実質の休暇は4日。何だか損したような気分になりつつ、重い腰をあげないといけない仕事始です。

「らちもなき御用はじめの訓示かな」(内藤さち子)

最近は、晴れ着を纏うこともなく、週明けの一日と変わらず、挨拶も「明けまして」ではなく、「おはよう」で年初めも始まるところが多いのでしょうか。

「帯鋸に仕事始の御神酒かけ」(森本恭生)

暖冬の年明け。昨日などは、アイスを食べながら、コートも脱いで初詣に出向いた人もあったとか。身が引き締まるのは、さて訓示よりも、前途多難な事始め。

「年はじめなほしかすがに耄(ぼ)けもせで」(堀内逍遥)

『しかすがに』は、『然す+がに』(そうは言うものの)という意味。昔は、年明けと共に年をとると思ったもの。加齢が増すと、不安になるのがボケ。ついつい認識新たにするのが、年明けでしょうか。

 

ミューシャは横顔が補助線を引かなくていいですが、それでも顔の部分は線が少なく不安定なので、髪の毛を補助線として利用します。、

f:id:masasarah:20160103230856j:plain

 

“Sans égocentrisme il n’y a pas de littérature, mais sans ouverture vers les autres non plus.”