切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

小さな職人たち'La Tour Eiffel'

「蝋梅のよく咲く枝を剪りくれし」(阿部陽子

毎年、年末に近所の方が剪定した中から、蕾のたくさん付いた蝋梅の木を頂いていましたが、二年ほど前からでしたでしょうか途絶えていました。それも去年は、12月の初めに奥さんが亡くなられてご主人も入院中となり、庭には剪定されないままの蝋梅が見事に花盛りですが、今冬は暖かく、葉が落ちないままに花が隠れています。

「蝋梅の溶けんばかりの日和かな」(西崎佐知)

今朝は平年並みに戻ったのか少々冷えますが、正月以来の温暖な気候で、正に蝋が溶けるかのように、蝋梅が開き急ぐようです。

「唐梅(からうめ)は香を放つシャンデリア」(瀧中温子)

蝋梅は唐の国から来たことで唐梅とも呼ばれますが、花びらが蝋細工のようで蝋梅。花びらは開き切ると桜や梅よりも細長く枚数も多く、レモンイエロー色に透けた姿は、まさにシャンデリアのようです。

「蝋梅の黄を透き香透く日射し」(門田窓城)

前小渕首相が今日1月8日に掲げられた「平成」も早いもので27年。未だに、昭和生れの人の年を数えたり、まして大正生まれの人を数えるのに、大正や昭和に換算して計算する人が居ます。それでも生年月日の記載欄は未だに西暦ではなく、年号の選択があるのが常態。私はこういう計算が苦手で、ついつい昭和はプラス25年で西暦と換算して何でも西暦で考えようとしますが、平成はマイナス11年という計算の頭が働かず、この二重路線はいつまで存続するのかと、珍しく古風脱却に賛同。そろそろ頭にも日を当て透けさせる為にも、計算低下補強に脳トレが必要なのかもしれません。ボケ防止にも、年号に感謝。

「小さな職人たち」シリーズは、切った黒の用紙を硬化ケースをやや大き目にカットした中に挟み、淵を4色の無地のマスキングテープで固定しています。

未だに、ビルの上にニョキニョキ煙突が並ぶ光景は見られるのでしょうかしら、暖炉のある邸宅があるなら、こういう職人さんも居られるのでしょうね。

f:id:masasarah:20160108102733j:plain

Le nianhao ou nien-hao (chinois traditionnel : 年號, chinois simplifié : 年号) ; pinyin : niánhào ; « nom d’année ») était le nom que donnaient les Chinois à leurs ères.

Jusqu’à récemment, à la différence du calendrier grégorien, le système calendaire chinois n’utilisait pas une date unique de référence mais divisait les règnes des empereurs en une ou plusieurs ères qui portaient pour nom une devise ou un slogan impérial. Ainsi, l’année 1500 est la 13e année de l’ère du « grand règne », 1700 est la 39e année de l’ère de la « prospérité heureuse » et 2007 est la 96e année de l’ère de la république. D’autres pays d’Asie de l’Est s’inspirèrent de ce système, en particulier le Japon et la Corée qui utilisèrent leurs propres ères.