切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

染め型モーリス風①-2

「切貼りの花の散らかる春障子」(原田康子

雪見障子のあった曾祖母の部屋には、桜の花が散っていました。誰が粗相をするのか、小さく空いた穴を花柄に切り取った障子紙で曾祖母が埋めていました。近所に、早くから二階の一部屋の窓に明かりがつくのですが、その部屋はカーテンでなく障子になっていますから、おばあちゃんの部屋なのでしょうね。でも、日に日に湿気の所為なのでしょうか、障子が哀れにも破れが広がって行きます。失礼な話ながら、ゴミだしの度にその障子が気になる私。それが今朝、ふと見上げると綺麗に貼り替えてありました。

「春障子閉めて明るき日ざしかな」(小松鈴子)

3月10日。1930年金子みすゞの忌日。5年前、耳タコにまでなったACジャパンのCM「こだまでしょうか」賛否を呼んだようでしたが、まだ諳んじられるでしょうか。ブームはいつもブームとして綺麗に消されるようですが、再燃はあるのでしょうかしら。

「仮の世の仮の家なる春障子」(吉田汀史)

5年目にしてと言う訳でもないのでしょうが、ここ数日いろんな映像や音声がカミングアウトしていますが、まだまだ5年。ふと耳に目に入って仕舞う事で、抉られたくもない封印の過去に引き戻された人も少なくないのかもしれません。音もなく楚々と心の障子を閉めて下さい。

『積もった雪』

上の雪 さむかろな つめたい月がさしていて

下の雪 重かろな 何百人ものせていて

中の雪 さみしかろな 空も地面もみえないで

金子みすゞ)

 

いつまで続くのかという作業も、地道に繰り返していると済の部分の方が多くなってきます。でも、後少しの部分になったからと言っても、手間は同じなのですが、心は次の作品画像がどんどん浮かび、気持ちだけが先行し、雑になる手を抑制して結局仕上げが遅くなります。

f:id:masasarah:20160310081859j:plain

Les shōji sont généralement désignés comme des portes coulissantes et conservent un espace qui serait nécessaire pour une porte à charnière1. Le shōji est utilisé autant dans les maisons traditionnelles que celles de type occidental, et particulièrement en washitsu, et sont considérées maintenant au Japon comme nécessaires pour « avoir l'air japonais ».