切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

染め型更紗風①-2

「毎年よ彼岸の入りに寒いのは」(子規)

お水取りも終わったはずなのに、昨日もよく冷えました。一端春の日和があった所為でまたもやダウンコートを着るのが忍びずスプリングコートなど着て外出したら首はすくみついつい腕組みして体を寒気から保護する始末。今日こそは「暑さ寒さも彼岸迄」ですから大丈夫のはずですが...

「膳一つ増やせし朝餉入彼岸」 (野田ゆたか)

父の甘党に合わせて、母はいつも入彼岸になるとおはぎをどっさり作ります。以前、無言館の展示品の一つである日記帳が過ります。南方の戦火の中で、書き留めたボロボロの血に染まった手帳には「したい事、食べたい物」などが書き留めてあります。その中にあった「母のぼたもち」。父は、戦中差し入れがあると、だれにも見とがめられないように、人気のない所で一度に頬張ったのだそうです。大皿にピラミッド状に積まれた母のおはぎを見ると、平和を父は切実に実感していたのでしょうね。靴音が迫って来る事などがありませぬようにと祈るばかりです。

「彼岸入り眠る先祖に語りかけ」(笠井美和子)

 

少し柄が細かすぎたのでしょうか、中々一枚が仕上がりません。染めたらどうなるのか、細かい線がどれだけ出るのやら。

f:id:masasarah:20160317090244j:plain

Le botamochi (ぼたもち ou 牡丹餅?) est un wagashi, une pâtisserie traditionnelle japonaise printanière, faite de riz et de pâte de haricots rouges. Lesbotamochi sont élaborés en faisant tremper le riz pendant environ six heures. Le riz est alors cuit, et une épaisse couche de pâte de haricots rouges est utilisée pour envelopper manuellement les boulettes de riz formées. Certaines variantes ajoutent une couverture de farine de soja.

La recette est très proche de l'ohagi mais néanmoins différente dans la texture de la pâte de haricots utilisée.

Le nom botamochi provient de la pivoine (botan), qui fleurit au printemps. C'est le nom moderne du kaimochi (かいもち) mentionné dans le texte Ujishui Monogatari (宇治拾遺物語) de l'ère Heian.