切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

染め型更紗風①-3

「踏みさうなところに咲けるすみれ草」(山田六甲)

「ビル街の寸土に咲いて一夜草」(野田ゆたか)

「冬菫しゃがむつもりはないけれど」(池田澄子

「しゃがむとき女やさしさ冬菫」(山田五千石)

「すみれ程小さき人に生まれたし」(与謝蕪村

「哀感は突然に来る冬すみれ」(中村謝男)

そろそろ本格春が来ます。片隅の菫にも温情か憐憫化、同調か。それでも菫は菫。私は私です。

中々しあがりませんね。次は春の桜柄ですが、中々そう思っている間に桜からあっという間に初夏になるとは困ったものですね。

f:id:masasarah:20160320224150j:plain

La nuit est venue, pareille à un saut de carpe à la surface d'une eau violette et les étranges lauriers s'entrelacent un ciel qui descend de la mer
Read more at http://www.dicocitations.com/citations-mot-