切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

染め型影絵

「園児等の鼓笛に土筆もう出頃」(笠原ひろむ)

まだまだかと、野原に遭遇することもなくおりましたら。

「土筆摘むバス来るまでの束の間を」(吉田静代)

去年は、梅も終わりの頃でしたでしょうか。偕楽園からの帰路バスを待つ間に沢山土筆に蕗の薹を摘み、車中で袴を取り夕飯に添えたのでした。そう思えば、もう時季は過ぎていたのですね。

「野の名残とどめて庭の土筆かな」(稲畑汀子

うちから必ず駅に向かうのに通るお家の庭に杉菜が居座ってしまっている所があります。今年は通る度にいつも走っていたのでしょうか、ついつい目に留めることもなく居ましたが、昨日じっくり見つめてみたらもう胞子も落ちて開ききっていました。

f:id:masasarah:20160324105959j:plain

「さてどうしやうか掌中のつくしんぼ」(山中英子)

塀越しには写メが撮れず、ちょうど住人が庭の手入れをされていたので声を掛けて撮らせてもらいましたら、一握り茶けてないのを摘んで下さりました。さてもどうしたものかと思いつつも、帰宅し記念写真に収め、袴を取り鍋の中で転がしながら炒り煮にしました。一口ながら、仏壇に供え、大事にラップして冷蔵庫に仕舞いました。

 

型染めをファイルに納めようとしましたら、春の日差しに翳すとそれは綺麗な映像になりました。灯篭の笠に貼ると映えるだろうなあっと思いながら...

f:id:masasarah:20160324111056j:plain

f:id:masasarah:20160324111126j:plain

f:id:masasarah:20160324111228j:plain

Les jeunes pousses de prêle sont consommées en salade comme des asperges, à titre d'aliment comme à titre de nutriment.

Au Japon, les jeunes pousses, appelées tsukushi (ツクシ), font partie des herbes sauvages dont les japonais sont friands. NB : le nom de la prêle des champs adulte est sugina (スギナ) :