切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

手拭多色染め②

「平穏の暮しに感謝新茶かな」岩本幸子

好天気も今日までだとか。気温が上がり、爽やかな空に鯉が気持ちよさそうに泳いでいますね。新茶の幟がお茶屋さんにはためいていて、ついつい買ってしまいそうですが、確か今日から予約していたのが入るはず。忘れずに貰い受けないと。

「コーヒー党紅茶党みな新茶汲む」(中村碧泉)

余り緑茶を飲まず、コーヒーに明け暮れています。お茶屋さんに行くと、小さな薄紫の急須で入れて頂くお茶は実に美味しいですね。ところが家に帰って自分で入れると実に不味い。やはりあの極意はつつましやかな妻が主人の為に、一日に幾度も入れ、数十年の年季掛ける事で培われるのでしょうね。小津安二郎の映画なんかの映像で出て来そうな優雅なお茶を注ぐ姿を見ると思います。少し調べてみましたら、急須の素材もお茶を左右させるのだそうです。あのやはり、紫泥急須がいいのだそうです。

「ささやかな吾が贅沢の新茶かな」(林雄次郎)

張り込んで急須を買い替えるげきなのでしょうか。新茶が私に入れられ泣いている声が聞こえてきそうです。ごめんなさい新茶さん。それにしても、新茶を贅沢だと思える余裕がどれだけの人にあることでしょうね。たかがお茶なれど、心の平穏ほどの贅沢が必携と思うと、これほどの贅沢もないのかもしれません。どうか、被災者の方々も一杯のお茶に心が鎮まる一瞬でもがありますようにお祈りしています。

 

ネット販売を始めることにしました。よければ覗いて下さい

https://tetote-market.jp/creator/masasarah/dl2142853106/

絵更紗というのを京都烏丸の染屋さんに若いころ習いに行っていて、染め色の作り方というのは意外にも忘れないもので、何となく感覚で作って仕舞えます。でもついつい好きな色に偏るので、思い切って橙色に染めてみました。

f:id:masasarah:20160502121553j:plain

これでやめればいいのに、橙色というのがやはり好みでなく二度染めで鉄紺に。

f:id:masasarah:20160502121959j:plain

ゴチャゴチャながら、いいなあっとは思うのは本人だけですねf*_*;

 

 

Après 70 ans, les buveurs de thé vert, riche en catéchines, ont de meilleures capacités cérébrales que les buveurs de café ou de thé noir et sont « une cible moins fragile pour les maladies neurodégénératives comme Alzheimer ou Parkinson »17[réf. incomplète]. La consommation de thé réduirait le risque d'être atteint de démence et d'autres maladies neuro-dégénératives comme le Parkinson et l'Alzheimer18.