切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

木綿無地二度染め①

「寛ぎて庭木眺めて緑の日」(岩井純子)

今日の祝日はみどりの日。うっ!?確か昭和天皇の誕生日が平成になってから「みどりの日」になったのではっと思うのはもう古い。2007年より4月29日が「昭和の日」となり、みどりの日が5月4日に移行していたのですねなどと、毎年気づいては忘れていっているような気がします。昔の記憶は鮮明に、新情報は許容量オーバーで入る余地はなしとは。

「豆飯や佳きことすこしづつ伝へ」(上田日美子)

関西ではと、一括りにも出来ないのでしょうが、概ね大阪や神戸では、今頃の季節が来ると薄い豆が店頭に並び、必ずと言っていいほどこの豆を剥いて炊き込みご飯にします。薄い豆はグリーンピースとはちょっと違いますが、その違いなどに拘るのも関西人なのでしょうかしら。

「豆飯の湯気を大事に食べにけり」(大串章

近所でおじさんが毎年庭に作られています。今年も沢山ぶら下がっていました。美味しそうですねっと思うのも、刷りこまれた記憶がないと、スイトピーの咲き終わりにしか見えないかしれませんね。今日は「うすいえんどうの日」なのだそうです。こういうお定まり事が記憶の定着を助けるのですね。ちょっとは覚えていけるでしょうかしら。お豆さんに感謝の日です。

f:id:masasarah:20160503232427j:plain

染め斑の対策として、一度目を無地に染めてみることにしました。

f:id:masasarah:20160503233511j:plain

やっぱり斑になっていますねf*_*;

“L'érudition, c'est la mémoire et la mémoire, c'est l'imagination.”