切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ハンカチ染め③

「花茨いつもの路を明るうす」(湯澤正枝)

浪速茨の苗を買い求めて何年経ったのか、漸く今年花盛りとなりました。これは野性種と同様、大事に肥料をやったりしていると咲かないらしく去年は完全に放置したら咲きだしました。

 

f:id:masasarah:20160510083642j:plain

「雨やんで巌這ふ雲や山帰来」(飯田蛇笏)

山帰来は植物学上はサルトリイバラ(猿取茨)と言われますが、こちらの茨の花はとても地味な花です。黄緑色の小型の散形花序ですが、花が落ち秋になると鮮やかな赤い実となり茶花に使われます。棘が鋭くよく山野を歩くと引っ掻けられます。

「花こぼれさるとりばらと分かりけり」(松浦とよ)

実家では端午の節句に作る柏餅の葉はこの花の葉を使いました。近郊の山々で柏の葉を見つけることができず、代用に使われるのがこのサルトリイバラの葉でした。母がいつも「サンキラ」と言っていたのでずうっとそう思っていましたら「山帰来」だったのですね。艶のある光沢の可愛いふくっらしたハート型をしています。棘を避けるようにして摘み取って来たのを包み蒸し上げます。独特のいい香りがしましたが、一体どこに行けば買い求められるのでしょうね。

「田のひとのゆききや山帰来の花」(染谷杲径)

f:id:masasarah:20160510090533j:plain

Un enfant vit une petite rose,
Petite rose sur la lande,
Elle était jeune et belle comme le matin,
Courant vite, il s'approcha pour la voir,
Il la vit avec grande joie.
Petite rose, petite rose, petite rose rouge,
Petite rose sur la lande.

L'enfant dit : je te cueille,
Petite rose de la lande !
La petite rose dit : je te pique,
Pour que tu penses éternellement à moi,
Et je ne le souffrirai point.
Petite rose, petite rose, petite rose rouge,
Petite rose sur la lande.

Et le mauvais garçon cueillit
La petite rose de la lande ;
La petite rose se défendit et piqua,
Il ne lui servit à rien de crier,
Et dut bien le souffrir
Petite rose, petite rose, petite rose rouge,
Petite rose sur la lande.

(Goethe-Schubert 『野ばら』)