切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ハンカチ染め④

「葉の陰に見つめてゐる実梅かな」(浅田満蛙)

今年は花付きが悪く、ほとんど実の見込みはないのですが、ふと見てみると可愛いいのほんの少しぶら下がっていました。

f:id:masasarah:20160510225655j:plain

「昨日より太りし雨の実梅なる」(柳生千枝子)

でも、中々大きくなるまでは木にしがみついてはくれません。

「実梅落つ漬けるつもりのなかりしが」(濱田萬里子)

それでも、やはり、毎日見つめてしまいます。

「実梅落つ三下り半の世捨てかな」(鈴鹿仁)

昨日は若冲展に夕暮れ時の平日ならと出かけましたが「甘い」二時間待ちでは、入館した途端に閉館時間になりそうで、断念。決して三行半はしないですよ。ちゃーんと出直します。落ちた梅も虫さんに食われる前に拾い、ちゃんと買った梅と共に漬けます。世捨てていますが、しぶとくしぶとく粘ります。

 

f:id:masasarah:20160510231939j:plain

“La persévérance est la noblesse de l'obstination.”