切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

透けるプレート:ケマンソウ

「根切虫あとのまつりとなりにけり」(稲畑汀子

昨日は、一気に夏日。五月の暦には応える暑さでした。水遣りも毎夕になって来ましたが、水不足でもないのに萎れている苗。さてはっと土を起こせば「コロリン、コロリン」くるまって出て来ます。

「値の高き苗を好むか根切虫」(三橋早苗)

ホント、雑草好きの根切虫など居ないのでしょうね。茂るばかりの空き地には決して根切虫は現れません。よほど不味いのでしょうかしらね蔓延る草の根はf*_*;;;

「根切虫ふたつにちぎり投げ捨てる」(高倉恵美子)

これほどまでにはする勇気は出ませんが、分からなくもないです。

「根切虫おのれの罪は許しておく」(丸山海道)

昨日の夕刊社会面の記事に、80歳の男性が猫を袋に詰めて海へ投棄した疑いで、県警が動物愛護法違反の疑いで書類送検したと。男性によれば、「このままでは死ぬので、楽にさせてやろうと思いました」と、言わば「尊厳死」?

「根切虫に生れ合わせしだけのこと」(三村純也)

今日は、連続児童殺傷事件で児童が殺害されてから19年目になるのだそうです。沖縄の先日の残虐な事件にしても、どうも、日本の風土には被害者の立場が守り切れてない所が一向に変わっていかない世間の目がありませんか。合掌。

 

f:id:masasarah:20160524085204j:plain

“Personne n’est la victime de personne.”