読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

おそ松さん『ふきだし』①

「見てゐても針の動かぬ時計草」(八木徹)

昔、店番のアルバイトをした時でしたか、どんなに見直しても時計の針が進まずいつまでたっても昼休みが来なかったことがあります。ただぼうっと突っ立っているだけの仕事は退屈で、ついつい時計を見るのですが、まるで時計草のようでした。それが、やりたいことをしていると、それはそれはすさまじい勢いで針は進んでしまいます。万人で平等のはずに時の速度。早いとみると遅いとみるかで、生活の視点が見えてくるのかもしれません。

f:id:masasarah:20160709205621j:plain

自宅の庭に一輪咲きました。

針が慌てて動くのか中々作品一つ完成させる時間が取れません。おそ松さんも一人ずつアップです。 

f:id:masasarah:20160709202752j:plain

“Que de temps perdu à gagner du temps !”