切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

おそ松さんウオールスティッカー・ストラップ①

「公園の体操の子ら夏休み」(保坂道子)

昨日から、巡回ラジオ体操が始まり、夏休みがスタートしたようですね。うちの玄関前の路地は中学の通学路になっているのですが、いつからなのかさっぱり行き交う学生の声がしなくなり、休暇がいつからなのかも気付かぬ始末です。ひと昔前までは、6時過ぎ頃からはしゃぐ声がして、夏休み入りラジオ体操だなあっと思ったものですが、ひょっとしてそれも無くなってしまったのでしょうかしらね。保育園の騒音さながら、早朝のラジオ体操も喧噪となるのでしょうか。

f:id:masasarah:20160721080545j:plain

あまり美味しそうには撮れていませんが、月下美人を天ぷらにしてみました。酢の物が定番ですが、花びらがパリッと仕上がるかと天ぷらに挑戦。中々美味、お薦め料理です。

 

おそ松さんのストラップを下絵にしてウオールスティッカー素材を切ってみました。

 

f:id:masasarah:20160721081548j:plain

Un rituel du petit matin

Pendant près de 90 ans, le chaîne de radio nationale NHK a diffusé les séances de rajio taisô tôt chaque matin, ainsi qu’à d’autres moments de la journée.

Les fans du roman La Ballade de l’impossible de Murakami Haruki se souviennent du colocataire « facho » du personnage principal Watanabe Tôru, qui s’adonnait tôt tous les matins à rajio taisô, le volume de sa radio à fond. Dans le monde réel, beaucoup de gens le pratiquent à la maison ou en groupes dans les parcs et les espaces publics. La chaîne de radio NHK diffuse la première session à 6 h 30 tous les matins.