切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

おそ松さんウオールスティッカー・ストラップ④

「梅干して香りのこもる狭庭かな」(堀尾早苗)

日照りが続きだし、もうすでに土用入りしていることに気づき、慌てて梅を干し出しました。そう言えば、数年前に漬けて忘れられていた瓶が出て来てそれも一緒に干すことにしました。ついつい縁側に足が行くほどに、小さい庭に梅の香りが漂っています。

f:id:masasarah:20160724152935j:plain

今年は紫蘇を奮発したのが効いたのか、美味しそうな紅色になりました。幼い頃の母の土用干しはこんなにガランとはしておらず、それは沢山の梅がゴザに並んでいたような気がします。それを姉は通る度に頬張るのです。飴の方がはるかに美味しいと思っていた私には、何より梅干しを手に取る姉が摩訶不思議で、ひょっとするとこの人は妖怪なのではと、夜になると不安になったものでした。それが今ではこの何ともいえない酸っぱい香りに魅了されて、私もモンスターに近づいているのでしょうか。700種類以上あるポケモンに入れて貰えるでしょうかしらね?

f:id:masasarah:20160724153859j:plain

L’umeboshi 梅干 est une prune salée et acidulée qui a été macérée longtemps avec du sel et des feuilles deshiso.  Les prunes ume fermentent pendant 3 à 4 semaines. Ensuite l’eau est égouttée, l’ume et les feuilles de shiso sont séchées.