切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

おそ松さんウオールスティッカー・ストラップ⑤

「篝火の遠き日のこと天神祭」(池下よし子)

今日は、日本三大祭りの一つ大阪の天神祭り。幼き頃は、学校も夏休みに入り、母と姉弟と揃って梅田や心斎橋のデパートに出かけ、日が暮れると父と合流して会社で出された赤飯をつつきながら船渡御を見たものですが、覚えているのはデパートで買って貰った物が気になって仕方がなかったことだけが過ります。

「祭の灯一色となる天満筋」(高橋泉也)

今日はいつになく、涼しい一日になりそうです。台風が二号が漸く発生したとか。それもあっという間に消え失せたとか。日が陰り涼しいのは何よりですね。それにしても、梅干しを干しだした途端の雨模様。精進不足か、お天道様に見限られている我が身。

f:id:masasarah:20160725113754j:plain

これが罰当たりの元でしょうか。すっかり巻き忘れていた朝顔の種らしくのがどっさり出て来て面倒だからと空いたプランターに植えたようで、びっしりです。さて咲くでしょうかしらね。揺ぎ無き自然界に深謝です。

f:id:masasarah:20160725114042j:plain

Le Tenjin Matsuri (天神祭?) est un festival important d'Osaka ; il est l'un des trois grands festivals du Japon avec le Gion Matsuri et leKanda matsuri.

Le festival se tient le 24 et le 25 juillet chaque année, près du Sanctuaire Ōsaka Tenman-gū à Osaka, pour souhaiter la protection de l'étude et de l'art.

Le festival est connu pour ses stands situés à côté de la rivière Okawa, son très grand feu d'artifice au-dessus de la rivière, et son défilé où environ 3 000 personnes portent des vêtements du style de la cour impériale du viiie au xiie siècle et marchent à côté de sanctuaires portatifs1. Cent chars défilent lors du festival, et il y a aussi un char uniquement pour les femmes.