読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

スマホケース「ライオン」

「同じ事話して笑顔生身魂」(嶋きさ子)

浅利を食べると、「あの浜の浅利は...」となり、鱧が食卓に並ぶと、「あの頃の鱧はね...」と話だす義母でしたが、食材を見ると未だにその言葉が過りますが、もうあの笑顔を見られることはありませんが、料理の中から声が聞こえて来るようです。

「常々に前向思考生身魂」(津田喜美)

好奇心旺盛でいつも前向き、そんな義母の初盆も終わりました。あちらでも、甲斐甲斐しく尽きない話に興じていることでしょう。

「平凡であることの幸生身魂 」(田中佳世子)

年々、生身の体は思うようにいかなくなりますが、当たり前にできることに感謝です。

 

百均で購入したスマホールに、ティムバートン風絵柄から取ったライオンの図柄です。

f:id:masasarah:20160816131155j:plain

 

“Une âme morte est une âme complètement habituée.”