切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ビュフェ作品① 

「秋の蚊の庭への一歩待ってをり」(久保田昌子)

冬野菜の種蒔きの話題などがラジオから聞こえて来て、ついに今朝は重い腰を上げて庭の手入れをすることに。却って真夏よりも、九月の声がした途端に、蚊が勢いを増したようで、蚊対策は万全に。二枚重ねで作業着を身にまとい、蚊取り線香は両端につけて腰にぶら下げ挑みました。心地よい雨模様となり剪定も済ませ、これで種蒔きのスタンバイ整いました。さて何を植えましょうね?

「秋の蚊や本読むわれに囁けり」(足立友彦)

心地よい疲労の中ですが、蚊の囁きはこんな風には心穏やかには聞けません。しっかり蚊取り線香で退治ですが、人間の体内への影響はいかばかりか。今年はジャンボサイズの缶入りを買うのが三回目となっています。

「秋の蚊がまだまだ刺せる気力持つ」(石川順一)

 

ビュフェの先品が好きでまだ少しやってみることにしました。あの特徴的な硬い黒い線画をどこまで切り絵で取捨できるか。途中作品です。

f:id:masasarah:20160905151238j:plain

En trépannant un moustique, on arrive à lui enlever l' envie de piquer. C' est un peu cher pour le résultat, mais c' est de la recherche.