読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

Jan Pienkowskiシリーズ②

ヒッチコックの鴉(からす)ミレーの落穂拾い」(宮崎晴夫)

アメリカのTVドラマシリーズ”Walking Dead" を見だしてシリーズも6まで来ましたが、ふとその光景が過ってしまう句です。死の街と化した世界で生き残った人々が食料を求めて、walking dead が徘徊する中を襲われるのを警戒しながら漁ります。

「落穂拾ひ日あたる方へあゆみ行く」(蕪村)

昔は、落穂は大事な作業だったそうですが、今でも機械刈の後は沢山残るのでしょうか?果たしてそれを拾っていく人が居るのやら。そう言えば、フランス映画に「落穂拾い」というタイトルにした映画がありましたね。現代の落穂拾いを撮り続けるというドキュメンタリーですが、つくづくフランスは農業国なんだなあっと思ったことがありますが、法律上で認可されているのだそうですね。麦だけに限らず、林檎、ジャガイモ、牡蠣もありましたね。収穫後に残された物を拾い集める事に規制がないのだそうですが、さて日本では根付かない精神でしょうかしら。ある意味で、"Walking Dead" も近未来の「落穂拾い」になるのかもしれないかと思うと、忍び寄る何者かへのi畏怖を感じてやまないですね。

Jan Pienkowski のこの猫シリーズはどこか南米の風合いがありますね。このカラフルさを出すのには、小作品ですがとても時間を要します。でも、メルカリでは不評でした。切り絵でも、色付けを塗るという行為で仕上げる人も居るそうですが、どうしてここまで拘るのかは自分でも不思議なのですが、切ることに徹しています。

f:id:masasarah:20161020100636j:plain

Agnès Varda rencontre différentes personnes : jeunes, moins jeunes, agriculteurs, RMIstes, salariés, retraités, qui vont glaner, à la campagne, en ville, ou à la mer, ou grappiller dans les arbres après les récoltes, ramasser les légumes ou fruits hors calibre jetés par les entreprises vendant les fruits et légumes, récupérer de la nourriture dans les poubelles des supermarchés, boulangeries ou à la fin des marchés. Le film montre aussi, des hommes et femmes, expliquant la législation sur les droits et devoirs de la pratique du glanage et du grappillage, ou des personnes récupérant des objets dans les poubelles ou dans les rues lors de la collecte des déchets encombrants. Ces objets sont réparés, réutilisés par ces personnes dans leur vie quotidienne ou par des artistes pour leurs œuvres d'art. Ces "glaneurs", comme les nomme Agnès Varda en référence à Des glaneuses de Jean-François Millet, sont proches des mouvements déchétariens.