読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

染めました⑥

「梳く度に悔いの残りし木の葉髪」(山中明石)

「夏に冷たい物を食べ過ぎると秋になって髪がよく抜ける」とよく言われたものですが、懲りずに夏の私の主食は氷。製氷皿で出来た氷をボリボリガリガリ食べ続けます。それが秋風と共にピタリと止まり、製氷室の氷は一体化してしまいます。そうして髪がボソボソと抜けます。どうも、それは医学的にも否定出来ない話のようです。要するに冷たい物ばかり食べると水分体質になり腎臓に負担をかけることになり、腎機能と関係の深い髪が元気がなくなり抜け落ちるんのだとか。年毎に、髪もやせ細るかと思うと、「夏の氷も考えないと」と思いつつ、年々暑くなる夏には勝てません。

「身の程のことをこなして木の葉髪」(森嶋緋紗紅)

染をやりだすと、時間配分が大事です。糊置き→乾燥→染め→乾燥→アイロン→ミシン掛けと一つずつの行程度に待ちが要ります。その合間を縫って切り絵をしますが、ついつい夜なべになり、身の程わきまえないととおもうのですが,,,

「解決の労には触れず木の葉髪」(野田ゆたか)

そうありたいものですと、排水口に溜まった髪をクルクル丸めて勢いゴミ箱に入れるばかりでは、進歩がないですね。

f:id:masasarah:20161121112734j:plain

“Mes cheveux tombent. Mes poux n'ont plus rien pour se retenir. ”