読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ひな祭りグリーティングカード④

「春時雨雨去りて我が影濡れゐし」(新開一哉)

今朝の雨はまさに春時雨とでも言いたくなるような温和な雨。これなら大丈夫かと二か月に一度の診察に出ようとしたものの、待合での本に薬手帳に、財布にスマホと忘れ物ないようにと手提げカバンにぞんざいに押し込み出かけましたら、待合で座り込んだらスマホがありません。濡れたアスファルトの道のりをなめまわすように二度往復。途中で落ちていたミトンの片方はそのまま微動だにせず濡れ落ちているのに、私のスマホはどこにも痕跡はなし。自宅に戻り何度も鳴らしてみても返答はなし。頭の中には嫌な事しか思いつかず、辿り着いたのが交番。応答がないのですから、まして交番で放置されているはずはないとは思ったのですが、他の術も見つからず「トントン」と力なくノック。お巡りさんは、「とりあえず」と言わんばかりに事情聴取。胸中は絶望感で頭は真っ白。気の無い返答を繰り返していましたが、私が目印にと「蝶」のシールを貼っていますと言った途端に「あれやなあ」とぽろっとため口。

「明暗を空にとどめて春時雨」(稲畑汀子

救われました。どんよりしたはずの空が一瞬晴れ渡ったように思えたのも現金なものです。見つかるまでは、傘が飛ぶような風を恨めしく思ったものの、カバンにしっかり収まったスマホの重みを実感すると、「あら!春一番かしら」などと小躍りしています。こういう時に神の存在を実感するようでは、まだまだですね。とりもなおさず、スマホカバーのケース入れに連絡先メモを挟むことにしました。

 

交番の途中で可愛い手作りのお店を見つけました。素敵なオーナーで少しお話が出来、無事戻ったスマホで画像を紹介出来、いいお付き合いが出来そうです。「奈落の失態から浮上です。「めでたし、めでたし」となりますように。先ずは湊川公園手しごと市が上手くいきますように、愚かな間違いを繰り返さぬ危機管理徹底です。

http://minatogawa-mart.net

f:id:masasarah:20170217165343j:plain

On peut se découvrir comme on trouve un objet perdu.