読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ランチョンマットイスラム模様と押し花コラボ1-3

「笛吹く風異国はカーニバルならむ」(村翔和紙)

先日ニュースでニューオリンズマルディグラパレードにトラックが突っ込むという惨事が報道され、テロではなかったようですが、それではたと気づいたのが「マルディグラ」、謝肉祭の季節なのですね。リオにヴェネツィアのカーニバルにニューオリンズマルディグラ。いずれも直に見たことはないのですが、イースタ-までの40日間の節制期間に先立つ日月火曜日は大いに賑わう祭事で、フランスのあちこちではクレープの香りが漂うとやら。ジョニー・デップとジュリエット・ビノッシュの「ショコラ」という映画が思い出されます。

「素顔さえ仮面に見ゆる謝肉祭」(石原八束)

日本では仮装と言えばハローウイーンになるのでしょうが、人が仮面を被るというのはえも言えない悦楽があるのでしょうが、被らずして言い続けられる人が毎日新聞を賑わ合わせているのでしょうか。昨日のアカデミー賞授賞式プレゼンターも皮肉満載だったようですね。その割に受賞者には辛辣発言はなかったのでしょうかしら?

「いもうとの平凡赦す謝肉祭」(林桂)

同じタイトルの「ショコラ(君がいて、僕がいる)」実在の白人と黒人の芸人の苦労話がベースだそうですが、今のこの時期見てみたい映画です。黒人の方は、「最強のふたり」でセザール賞主演男優賞を受賞したオマール・シーが演じているとか。ちょっとワクワクする映画ですね。

 

f:id:masasarah:20170228090922j:plain

Chocolat est un film biographique français réalisé par Roschdy Zem, sorti en 2016. Il s'inspire du livre Chocolat, clown nègre : l'histoire oubliée du premier artiste noir de la scène française de Gérard Noiriel, publié par Bayard en 2012. Bien qu'annonçant "retracer l'histoire de cet artiste hors du commun", le film s'écarte sensiblement de l'histoire réelle du Clown Chocolat.