切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ランチョンマットイスラム模様と押し花コラボ2-3

「うごめけるかや啓蟄の土のいろ」(岡星明)

今日は二十四節気啓蟄。「啓」は「ひらく」で「蟄」は巣ごもりを意味するとの事で、思わず庭に出て土をじっくり眺めてみます。花のなかった枯れ果てた庭でしたが、カタバミが色鮮やかに咲いています。

f:id:masasarah:20170305113921j:plain

啓蟄や押し方馴れし車椅子」(三村八郎)

車椅子を押すのに、押された地面の下の生きものなどに気が入った事など、恥ずかしくもなかったです。アスファルトの地面しか通った事がないからなどと、弁解がましいですが、心の余裕のなさを今更に痛感します。いつも何を考えながら押していたのでしょうね。アスファルトなのにある凸凹、ちょっとした段差には、常に注意は払うものの、押す側の立場でしかなかったです。今は、もう車椅子の存在も無くなり、行き交う人の中に車椅子を押す人を見かけると、先ず目に留まるのが車輪の大きさ。日進月歩どんどん進化しているのでしょうね。軽量化も進んでいるのでしょうが、乗り心地からすれば車輪の大きいずっしり重いのが一番心地よいのでしょうね。今後は乗る立場になるかと思うと、押す人の気持ちはどこかに書き留めて置かなくてはと思いつつ...

啓蟄やいのちあるもの地に動き」(堀尾早苗)

f:id:masasarah:20170305115143j:plain

Le jingzhe (chinois traditionnel : 驚蟄, simplifié : 惊蛰, japonais : 啓蟄, pinyin : jīngzhé ; littéralement : « fin de l’hibernation des insectes ») est la troisième des vingt-quatre périodes solaires des calendriers traditionnels d’Extrême-Orient. Il est précédé par le yushui (« eau de pluie ») et suivi par le chunfen (équinoxe de printemps).

Le jingzhe débute lorsque le Soleil atteint une longitude de 345° le long de l’écliptique (ce qui a lieu selon les années entre le 5 et le 7 mars) et se termine lorsqu’il est à la longitude 360° (vers le 20 ou 21 mars).

En japonais, le jingzhe se prononce keichitsu, en coréen gyeongchip (경칩) et en vietnamien kinh trập.