読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

またビュフェ③ー二人のピエロ

 

今日3月12日は伊東静雄1953年の忌日。萩原朔太郎から「日本にまだ一人、詩人が残っていた」と言わしめた人。一作品を引用して今日の日を紡ぎましょうか。

 

静かなクセニエ(わが友の独白)


私の切り離された行動に、書かうと思へば誰
でもクセニエを書くことが出来る。又その慾
望を持つものだ。私が真面目であればある程
に。

 と言つて、たれかれの私に寄するクセニエ

に、一向私は恐れない。私も同様、その気な
ら(一層辛辣に)それを彼らに寄することが
出来るから。
 しかし安穏を私は愛するので、その片よつ
た力で衆愚を唆すクセニエから、私は自分を
衛らねばならぬ。
 そこでたつた一つ方法が私に残る。それは
自分で自分にクセニエを寄することである。
 私はそのクセニエの中で、いかにも悠々と
振舞ふ。たれかれの私に寄するクセニエに、
寛大にうなづき、愛嬌いい挨拶をかはし、さ
うすることで、彼らの風上に立つのである。
悪口を言つた人間に慇懃にすることは、いつ
美徳で、この美徳に会つてくづほれぬ人間は
少ない。私は彼らの思ひついた語句を、いか
にも勿体らしく受領し、苦笑をかくして冠の
様にかぶり、彼らの目の前で、彼らの慧眼を
讚めたたへるのである。私は、幼児から投げ
られる父親を、力弱いと思ひこむものは一人
も居らぬことを、完全にのみこんでゐてかう
する。
 しかし、私は私なりのものを尊ぶので、決
して粗野な彼らの言葉を、その儘には受領し
ない。いかにも私の丈に合ふやうに、却つて、
それで瀟洒に見える様、それを裁ち直すのだ。
 あゝ! かうして私は静かなクセニエを書
かねばならぬ!

 

f:id:masasarah:20170312101708j:plain