読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

二つの丸の写経③

「荒東風や紙片が蝶に化けるとき」(泉田秋硯)

冷たい風も北から東へと吹く向きも変わり、春の香りを運んできます。まだ化けてはいないのですが、近所の大手スーパーの前のシンボルマークにもなっていましたカルタゴ像がゴッソリと剥ぎ取られ消えていました。駅からの本通り商店街の終点にあり、四方にある学校の通学路が交差するところにあり、何かにつけて集合場所となっておりまして、通称「カメ」として何十年も君臨していたのですが、その無くなった後のセメントの平面を見ていると、村上春樹の「象の消滅」という作品が過ります。

f:id:masasarah:20170315103534j:plain

「東風吹かばポテトチップス歩み寄る」(小枝恵美子)

さて、次なるモニュメントはどんな物が来るのでしょうね。まさかポテトチップスではないでしょうが、ちょこっと楽しみです。消えてみると俗称はカメでしたが、実物像はカメより複雑な構造でそれなりの芸術品であったように思うのですが、通称というのは愛着感が出ます。同じでも、寿司屋の注文の呼び名、競り市の名称、受け渡しに用いられる金の言い方などとなると、よそ者お断り感が漂いますが、今話題つきない「こんにゃく」は、紙幣の厚さを表しているのだそうですね。一万円札は厚さが0.1ミリなのだとか。背広のポケットを全て使うと二千万円入れられるのだとか。自分の財布はパンパンに膨れ上がっていますが、財布ご本人は役割果されず泣いているのかもしれません。消滅したカメの地面も、あの役割は呆気なく掻き消え、新たなる物が鎮座してしまうと、またそれが当たり前になるのでしょうね。こんにゃくにだけは麻痺したくないですが...

 

f:id:masasarah:20170315110258j:plain

L'éléphant s'évapore (象の消滅, Zō no shōmetsu?) est un recueil de nouvelles de l'écrivain japonais Haruki Murakami. La version française (éditée deux fois : en 1998 aux Éditions du Seuil, puis en 2008 aux Éditions Belfond) comporte dix-sept nouvelles publiées de 1980 à 1991, reprises dans divers recueils au Japon durant les décennies 1980 et 19901, puis rassemblées dans la compilation en anglais The Elephant Vanishes (1993), dont la version française suit le sommaire2.

Murakami place ses personnages dans un Japon à la culture moderne et occidentalisée avec, en arrière-plan, l'amour et la nostalgie comme thèmes principaux. Les événements et les pensées les plus irréalistes et étonnants, souvent teintés d'humour, prennent une place prépondérante dans le développement de l'intrigue.