切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

星野源アゲイン「恋ダンス」

「過ぎてゆく時間刻々黄水仙」(稲畑汀子

f:id:masasarah:20170325093631j:plain

これは、義母がよく話しかけていた一つ年下の一人暮らしの女性の庭です。今はそうですね、95歳になられたでしょうか。さすがに昼間はデイサービスに行き出されたようですが、相変わらず庭には季節の花が揺れていますからお元気なのでしょうね。義母が元気な頃は通る度に庭いじりをされていた彼女のお陰て話す機会を得られたのですが、負けん気の強かった義母も脱帽。義母の歳を越えていかれるようです。

「くったくは丸めて捨てよう黄水仙」(鈴木みのり

潔さのおる花ですね。くよくよなど、確かに丸めてポイするべきですが、これまで国会などチャンネル選択から排除されていた人までが釘付けになるワイドショーに格好の話題となりました「森友学園」論争。今年の流行語大賞になりそうな勢いの「忖度」ですが、どこかでは、次なるビッグニュースを念じている人の神頼みが聞こえて来そうですが、丸めてポイとは行かないでしょうね。

「地底からもれてくる灯り黄水仙」(小田さやか)

 

先日の甲子園開会式を見落としブラスバンド演奏の「恋ダンス」を聞き損なってしまいました。そろそろ賞味期限も過ぎるのかもしれませんが、動画からコマ送り風に切ってみました。

f:id:masasarah:20170325095040j:plain

Dona Evarista ne pouvait donner prise à aucun soupçon, tant elle était loin d'être jolie et attrayante. De la pure eau tiède. Mais, au vrai, qu'en serait-il du jaune, si tous les goûts étaient égaux ?