切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

陰影を生かした新たな試み③

「ものの芽を勢ひ立たせ昨夜の雨」(西村和子)

昨日は天気だと思いきや、雨が夜にも降り出し、益々庭の雑草も勢い出し、今のうちに向かいの空き地の草引きをしておかないとと、思いつつ。待ちわびた春のはずが、雑草との闘いの幕開けです。

「忘れひしものの芽に遇ひ鉢手入れ」(久保田昌子)

出窓に並べていた鉢物を、そろそろ出してもいいかと一鉢ずつ、それぞれのお気に入りの定位置へと放り出しましたら、指関節、手首に肘にと悲鳴を上げだしてしまい、「たかが鉢物」と侮ったのがいけません。これからは素焼きの鉢は扱わないといけないなあっと。懇切丁寧に、鉢毎にびっしりと生えたカタバミを根こそぎ抜いたのも応えたのでしょうね。ぼちぼち、ほどほど。

「ものの芽にやらかき日の包みけり」(山本宏子)

今朝の訃報欄に、ザイラー氏の名前を見かけました。京北の「かわらぶき音楽堂」を立て夫婦で演奏活動をされておられたのを瓦葺屋根復興に尽くしていた知人から聞いていたのですが、柔らかい音色を聴けず終いでした。ご冥福をお祈りします。

 

ドラマ「カルテット」のポスターをそのまま切ろうとしたのですが、サイズを調整したら、松田優作が手にかけているのがバイオリンのフレームを少しずらしたら、高橋一生の手と関連付けが出来ず、弓を足しましたが、変です。もう一度やり直さねばと思いつつ...

f:id:masasarah:20170329085414j:plain

 

The Seiler Piano Duo, based in Kyoto, Japan, has performed together for over 40 years with critical acclaim in numerous recitals throughout Europe and Asia, and in recitals at Carnegie Recital Hall with Bach's Art of the Fugue and Brahms' 3 string quartets. They also performed at London's Wigmore Hall, Messiaen's Visions de'l amen, for 2 pianos. Concentrating on performing works for one piano, four hands, they so far have presented in recitals close to one hundred different programs, featuring many first performances of works unpublished or out of print. Their recitals in Japan take place in the major halls of the big cities as well as in places not used for concerts, bringing live classical music to many audiences. Especially well known are the concerts at their own concert hall, over 200 years old straw-thatched Zen temple near Kyoto, where they live in an old straw thatched farm house and do some farming. 3 CDs, numerous appearance in TV broadcasts, interviews and articles in newspapers and magazines, their own newspapers column and their book has made them well known throughout Japan.