切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ミニレター:組み木①

「世の中三日見ぬ間に桜かな」(大島蓼太)

あかし市民広場の「刻・街・フェスタ」出展も無事終了いたしました。ほとんど毎日篭って切ってばかり居る私には、貴重な体験となりました。お会い出来お喋りさせていただいた方々には本当にありがとうございました。また、作品を買って頂きました方には感謝感謝です。三日の間にうちの近所の桜も満開を迎えていたようです。

f:id:masasarah:20170412171704j:plain

「あたらしい帽子が太く枝張る桜」(穴井太)

入学式帰りの親子も沢山お見掛けしましたが、眩しいようなランドセルに帽子がへこまぬように桜の枝が見守っているのでしょうか。私もまた、今度はGWデュオ神戸の出展を声掛け頂き7日限りですが出しますので、作品作りに励もうかと、仕切り直しです。またお近くの際は是非覗いて下さいませ。背中を丸めて切っていますよ。Merci pour tout!!

f:id:masasarah:20170412172419j:plain

La floraison des cerisiers ne dure pas.  L'essentiel on l'attrape en une seconde.  Le reste est inutile.