読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り切りMme

自作の切り絵を紹介する

ミニレター続き:庭園美術館総柄

「文庫読むサンジョルデイの日バスに揺れ」(かわせみ)

4月23日は「サンジョルディの日」などと言っても、日本では定着せずに居る日。スペインのカタルーニャ地方が始まりとか。男子が赤いバラを女子は本をプレゼントするのだとかで、市場では賑やかに薔薇と本が並ぶのだとか。日本ではとりあえず「こども読書の日」ですが、本屋さんにはそんなポップ見つかるでしょうかしら?

「つばね反転アメリカ青春小説集」(坪内稔典

サリンジャーライ麦畑→赤ずきんちゃん→庄司薫→日比谷高校... などと連想が続いていく世代ってあるのでしょうか。どうにかして本屋さんに奮闘していただいて「サンジョルディの日」がもう少し賑わってもいいかと思うのですが、スペイン語をやろうと言い出して先生役を買って出てくれた友が逝って早いもので今年で三年が経ち、そんな風習を楽しく語った彼女は向こうでどんな思いで居るのでしょう。今日はフランス大統領選挙投票日。一日動向見たさにTV5でも見ましょうか。 

 
Stands de livres sur les ramblas à Barcelone le jour de la Sant Jordi (2007).

La Sant Jordi (saint Georges en français) est une fête catalane qui se déroule le 23 avril, jour de la saint Georges, patron de la Catalogne1. La tradition veut que, chaque année, on offre une rose, et depuis les années 1920, un livre1. Depuis 1995, l'UNESCO en a fait la Journée mondiale du livre et du droit d'auteur2.

 

 

庭園美術館で栞として売っていたステンドグラスの模様だと思うのですが、好きな柄で総柄にして切って、ミニレターにしてみました。

f:id:masasarah:20170423085127j:plain